坂上忍『バイキング』主権はく奪!!スタッフ総入れ替えでお飾りMCに!

拡大画像を見る

 7月8日、安藤優子(61)と高橋克実(59)がMCを務める情報番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)が9月末で打ち切りになることが明らかになった。

 10月以降、フジテレビ昼の番組は、坂上忍(53)がMCを務める『バイキング』(月~金曜11時55分)を1時間延長して、本格的な情報番組になる。その後は1時間のドラマ再放送枠をはさんで、加藤綾子(35)がMCを務める『Live News it!』につなぐことになると見られているという。

「今回『グッディ』の打ち切りが決まったのは新型コロナウイルスの影響が大きいといいます。これまでも低視聴率でCM出稿が減少し、苦しんでいたフジテレビですが、コロナの影響でさらに激減。

 そうした中、フジテレビは、番組制作費削減のためにフリーアナウンサーやフリーキャスターをリストラしたり、ギャラを下げる方針を取るとささやかれてきましたが、今回、そうではなく番組自体を打ち切ることに決めたようです」(制作会社関係者)

『グッディ』を打ち切り、『バイキング』を延長することに、ネット上では「坂上さん主導のバイキングよりも、グッディのほうを残してほしかった」「ドラマの再放送は嬉しいけど、バイキングの放送時間が長くなるのは苦痛。むしろ『グッティ!』のほうが番組の雰囲気が柔らかいので終わってほしくない」といった声も上がっている。

■坂上の言動をフジ上層部も問題視

「フジテレビも、『バイキング』をどうしても延長したかったわけではないといいます。『バイキング』が3時間番組になり、坂上さんのギャラは多少なりとも上がるでしょうし。

 ただ、『バイキング』と『グッディ』の2番組を制作するよりも、ひとつを打ち切り、どちらかの番組の放送時間を伸ばしたほうが制作費を大幅に削減することができるのは確か。そのため、『グッディ』を切って『バイキング』を残すことにしたようです」(前出の制作会社関係者)

 そんな『バイキング』についても、坂上のパワハラが原因で、9月末にも打ち切られるのではないかと6月16日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が報じている。

「『グッディ』終了により、放送時間が延長するわけですから、9月末に『バイキング』の打ち切りはなかったわけですよね。ただ、坂上さんの強い態度やコメンテーターへのパワハラともとれるふるまいには、かねてから疑問の声が上がっていたといいます」(民放キー局関係者)

『週刊女性』では、リハーサルでやったことが坂上の一言でひっくり返るほか、2名の番組スタッフが体調不良で休職中で、パワハラによるストレスが原因だとされているという。

「坂上さんは、CM中に周囲のスタッフが凍りつくほどの大声でフロアディレクターを怒鳴ったりすることもあったといい、フジテレビ上層部もそうした言動を問題視しており、坂上さんの責任を重く見ているともいいます。

 そうしたことの影響もあるのでしょう、10月以降の『バイキング』では、坂上さんがこれまでのような振る舞いができない形にリニューアルするといいます」(前出の制作会社関係者)

■バラエティ局から情報制作局へ

 7月9日のスポーツニッポンによると、10月の改編で『バイキング』のスタッフ陣もガラリと変わることになるという。

 前出の制作会社関係者は話す。

「『バイキング』の制作陣はこれまでのバラエティ局から情報制作局に刷新されます。報道でもありますが、時事ニュースをよく取り扱ってきたスタッフが制作の中心を担うことになる。

 今までは“バラエティ寄り”ということで坂上さんが、どんなトピックをどの程度の時間取り扱うか、進行の内容を決めてきました。しかし、今後はあくまでも情報番組というスタイルで、ニュースを中心に取り扱っていくことになる。おそらくですが、ネタ選別の主導権もスタッフサイドに移ることになるようです」

■楽屋で叱責されることも……

『バイキング』において坂上は絶対的な存在で、彼が首をタテに振らなければ、企画や取材をひとつも進めることができないという報道もある。

「本番終了後、翌日や翌々日担当のディレクターは企画内容のおうかがいを行うため、坂上さんの楽屋に列をなしているんです。ただ、その楽屋でもディレクターに対して厳しい言葉が飛ぶこともあるといいます。

 また、番組内容について坂上さんがOKしないと進めることができないため、放送前日の夜の8、9時に翌日取り上げる内容が決まることもある。坂上さんの番組にかける熱意や、今視聴者が求めているニュースを取り上げたいという思いは分かります。ただ、夜遅くなってから、明日昼の放送のために動き出すとなれば、昨今、盛んに叫ばれている働き方改革なんてできるはずがない。番組スタッフの長時間労働を避けるためにも、主導権が坂上さんから制作サイドに移行すると見られます」(前出の制作会社関係者)

■榎並大二郎アナはクビ!?

 本格的な情報番組にリニューアルするに伴って、坂上の番組での立ち位置も大きく変わるという。

「硬めのニュースを取り上げることも増えるでしょうから、しっかりとニュースが読めるアナウンサーを中心に番組を回していくことになるのではないでしょうか。

 これまでの『バイキング』では、MCの坂上さんが王様、進行役の榎並大二郎アナウンサー(34)が坂上さんの部下といった関係性でしたが、それだと番組の雰囲気も変わりませんし、パワハラ疑惑などがささやかれた今、上層部も望ましいと思わないでしょう。榎並アナは担当を外れ、スタジオをしっかり回して、原稿が読めるアナウンサーが起用されることになるのではないでしょうか。

 また、坂上さんについても“MC”という肩書きは残るのかもしれませんが、今までのような番組の中心ではなく、合間合間でコメントをするコメンテーターのような存在になる可能性が高いといいます。10月以降、『バイキング』はおそらく、TBSの『ひるおび!』のような番組になっていくのではないでしょうか。

 それを坂上さん本人がよしとするかどうかは今後、フジテレビサイドと詰めていくことになりそうです。ただ、3時間の生放送番組になるわけですから、1日のギャラは最低100万円は下らないはず。それを月曜から金曜まで週に5日やるわけですからね。ギャラの面を考えると、さすがに降板することはないと思われます」(前同)

 10月、“お台場の帝王”として君臨してきた坂上に大きな変化が訪れることになりそうだ――。

関連リンク

  • 7/10 8:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • ころ 

    7/11 13:31

    坂上忍に対する誹謗中傷記事でしかない。 フジ関係者って誰?制作会社関係者って誰?言ってたらしいって時点で記事にする物では無い。名前出せないなら誹謗中傷するな。名誉毀損で訴えられるぞ。

  • 坂上忍のことを嫌いな人が書いてるのか、嫌うように誘導してるのか知らんけど グッディーよりは、バイキングの方が面白かったし個人的に坂上忍はアリだと思ってる。 お飾りMCになるならたぶん本人が辞めるだろうしな

記事の無断転載を禁じます