久保建英が今季4点目で勝利貢献!…マジョルカは2発快勝で残留に望みつなぐ

拡大画像を見る

 リーガ・エスパニョーラ第35節が9日に行われ、MF久保建英が所属するマジョルカはホームでレバンテと対戦した。久保は11試合連続のスタメンで86分までプレーし、今シーズン4点目を記録した。

 降格圏18位のマジョルカは開始2分、久保が右サイドから鋭いクロスを送り、チャンスを作ったが、クチョ・エルナンデスのヘディングシュートは枠の上に外れた。30分には久保が強烈な左足ミドルシュートで狙ったが、これは惜しくも相手GKの好セーブに阻まれる。

 試合が動いたのは40分、アレハンドロ・ポソが右サイドからクロスを上げると、DFの後方から飛び込んだクチョ・エルナンデスが頭で叩き込んでゴール。マジョルカが先制に成功して試合を折り返した。

 後半に入って膠着状態が続いたが、マジョルカは84分にカウンターで久保がハーフウェイライン付近から華麗なドリブルでエリア右まで持ち上がって右足シュート。これはGKに阻まれたが、ゴール前で混戦となり、最後は久保が左足で押し込んで追加点。久保はリーグ再開後初、8試合ぶりのゴールを決め、お辞儀パフォーマンスも披露した。

 試合はこのまま終了し、マジョルカが2試合ぶりの勝利。残留圏17位のアラベスとは暫定で勝ち点差3、16位のセルタとは勝ち点4となり、残留に望みをつないだ。

 次節、マジョルカは12日にアウェイでセビージャと、レバンテは同日にアスレティック・ビルバオと対戦する。

【スコア】
マジョルカ 2-0 レバンテ

【得点者】
1-0 40分 クチョ・エルナンデス(マジョルカ)
2-0 84分 久保建英(マジョルカ)

関連リンク

  • 7/10 4:26
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます