金ローで5週連続アニメ放送 『トトロ』『アリエッティ』、京アニ『聲の形』など

拡大画像を見る

 日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後9:00)で、31日から8月28日まで“夏アニ2020”と題して、5週連続でアニメーション映画が放送されることがわかった。31日は『聲の形』(2016年)、8月7日は『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(17年)が地上波放送、14日は『となりのトトロ』(88年)、21日は『コクリコ坂から』(11年)、28日は『借りぐらしのアリエッティ』(10年)が放送される。

 『聲の形』は、主人公の少年・石田将也が、転入してきた聴覚障がい者である少女・西宮硝子に好奇心を持つことから始まる物語。あるきっかけから自分自身がクラスから孤立してしまった将也は、5年の時を経て、硝子との再会をきっかけに過去の過ちへの償いを試み、硝子をはじめ当時のクラスメートとも向き合い、理解し認め合っていく。

 『打ち上げ花火』は、岩井俊二監督の名作ドラマを劇場アニメ化。とある海辺の町を舞台に、夏休みの花火大会の前、クラスのアイドル的存在・なずなに思いを寄せる男子中学生・典道が、時間が巻き戻る不思議な体験に巻き込まれていく。なずな役には広瀬すず、典道役は菅田将暉と豪華キャストが集結。主題歌はDAOKOと米津玄師がコラボした「打上花火」。

 『となりのトトロ』はサツキとメイの仲良し姉妹が、森に住む不思議な生き物“トトロ”や小さくて真っ黒なオバケ“マックロクロスケ”たちと出会う物語。ノーカットで放送される。

 『コクリコ坂から』は、東京オリンピック開催を目前に控えた1963年の横浜が舞台。時がたっても変わらない“本当に大切なもの”をそっと提示してくれる、どこか懐かしい気持ちにさせてくれる青春物語で、長澤まさみや岡田准一らが声優を担当した。

 『借りぐらしのアリエッティ』は、床下に住む小人の少女・アリエッティのひと夏の冒険を描いたファンタジー。志田未来、神木隆之介や樹木希林さんが声を吹き込んだ。 (写真=『となりのトトロ』 (C)1988 Studio Ghibli )

関連リンク

  • 7/10 4:00
  • オリコン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます