自死願望との闘いだった!清原和博、石橋貴明に明かした「薬物依存の恐怖」

拡大画像を見る

 7月7日放送の石橋貴明(58)の冠番組「石橋、薪を焚べる」(フジテレビ系)に、元プロ野球選手の清原和博氏(52)が出演。自死願望との戦いだった執行猶予期間中の心境を包み隠さず語った。

「清原氏は16年2月に法律違反の薬物を巡る取締法違反で逮捕。その年の5月に懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決が下され、執行猶予期間満了後の地上波のテレビ出演はこれが初めてで、7月14日放送回で後編が放送される予定です」(芸能関係者)

 今春スタートした同番組は毎回ゲストを迎え、石橋と「スロー・トーク」を繰り広げるスタイルだが、「石橋からの“直球質問”に清原氏は本音で打ち返していましたね」(テレビ誌記者)という。

石橋「クスリをヤメたあとは、鬱になってっちゃうの?」

清原「ボクの場合は1回に使う量が多かったので、そういう後遺症が出るんで、先生がいろんな薬を出してくれるんですけど、合ったり、合わなかったり」

 さらに清原氏は、やめてから1年目、2年目は自死願望が「すごいありました」と告白。「息子にも会えなくなったし、手に入れたものが全てなくなって。だからもう生きていても意味がないと思って」携帯で自死の方法を検索したこともあったという。

「野球さえしてなかったらこんなことになってなかったのかな」と、栄光の野球人生すら後悔していたように話したが、そんな清原氏を救ったのは、やはり野球だった。18年夏に行われた「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」を現地観戦。球児たちの姿を見て「死んでいた魂がやっとドクッ、ドクッ、ドクッ‥‥」と動き出したという。

石橋「何でだいたい、そんなもの(薬物)に手を出しちゃったの?」

清原「1日の大半を使っていた膝のリハビリから解放されたあと、時間はあるけど自分のやりたいことが見つからなくて。夜な夜な飲み歩くようになって」

石橋「あの事件を知った時は驚いた。なぜあの野球が大好きだった野球小僧が、家族を愛していた清原和博が、全てそこでパーにしちゃうのかっていう」

清原「仲間の集まりで最初は軽いノリだった。でも1回やったら終わり。自分はある程度、意志は強い人間だと思っていたんで。どんな苦しさにも耐えてきたし、痛みにも耐えてきたし、そんなものに負けるはずがないと思っていたんですけど、唯一負けたのがクスリでしたね」

石橋「やっぱり、恐ろしい」

清原「恐ろしい。もう完全に人間じゃなくなりますね。(日常生活での優先順位が)最初、一番下にあったのがどんどん上がってきて、クスリを使うことが一番上になる。ボク今、薬物の病院に行っていて、そこのドクターが言ってましたけど、このステイホーム期間中、患者さんで薬物の売人とかも来るらしく『すさまじい売れ行きだった』って言ってましたから」

 執行猶予が満了したとはいえ、薬物との戦いはこれからも続くと語る清原氏。石橋のユーチューブチャンネル「貴ちゃんねるず」にも出演しており、7月8日から順次公開されるという。清原氏の「再起」に注目したい。

関連リンク

  • 7/9 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • まる☆

    7/13 12:50

    気持ちに流されるような感じがするので周りは気をつけて上げないと危ない気がする

記事の無断転載を禁じます