過払金請求にはデメリットもある!? 知らないと損する“注意点”とは[PR]

拡大画像を見る

 テレビCMや広告で「過払金請求」というワードを目にしたことはありませんか?


 過払金請求とは、簡単にいえば「借金返済中に払いすぎた利息が返ってくる」手続きのこと。今まさに借金問題で苦しんでいる方や完済後の方とっては夢のような手続きですが、過払金請求にはメリットとデメリット、そしていくつかの注意点があります。


 この記事では、過払金請求についての概要から弁護士に依頼する場合の費用まで、順番に解説します。


 


過払金請求とは?



 


 借金には利息がつきものですが、その金利については、利息制限法で上限が定められています。過払金請求とは、その“上限金利”を超えて貸金業者などに支払った利息を計算し、返還請求を行う手続きのこと。これは法律で認められた正当な権利です。


 


 例えば、借入期間が10年以上で、金利が18%以上といったケースでは、過払金が発生している可能性が高いでしょう。また、借金というと消費者金融などを思い浮かべがちですが、クレジットカードのキャッシングでも過払金を請求できる場合があります。


>過払金はある?相談はこちら


 


過払金請求のメリットとデメリット



 


 過払金請求で得られる最大のメリットは、やはり「お金が返ってくる」ことでしょう。何かと“自粛”を求められ、経済的にも暗い状況が続く今、過去に払いすぎたお金があるなら取り戻したいですよね。


 


 しかし、デメリットもあります。現在進行形で返済中の借金について過払金請求を行うと、信用情報機関に事故情報が登録されてしまい、一定期間は新規でクレジットカードが作れなくなったり、新規の借入やローンの審査にほぼ通らなくなったり、といった不利益が発生する場合があるのです。


 このデメリットを受けるリスクがあるかを判断するには、まず「過払金請求の結果、残債を返済処理できるか」を見極めなくてはなりません。


 また、返済中・完済後いずれの方でも受けかねないデメリットとしては、「過払金請求をした業者から新たに借入ができなくなる」ことがあげられます。業者にもよりますが、過払金請求をした方は“社内ブラックリスト”に載る可能性が高いため、同じ業者からの借入は難しくなると考えましょう。


>過払金請求の詳細はこちら


 


過払金請求するときの注意点とは?



 


 過払金請求には上述したデメリットのほか、気をつけなければならない注意点がいくつかあります。


 中でも重要なのは「完済から10年で過払金の請求権が消滅する(時効)」「借金の金利が利息制限法の上限以下の場合は過払金が発生しない」の2点。また、倒産などの理由で借入先の業者が存在しない場合も、請求は極めて困難になるでしょう。


 


 過払金請求が可能かどうか、リスクがないか、といった判断は難しく、一度手続きを始めてしまえば「知らなかった」では済まないことも多々あります。


 手続きには請求額の計算や債権者との交渉なども含まれるため、素人が自分で進めるのは非常に困難。また、自分で手続きすることによって、秘密にしていた借金が家族に知られてしまう危険性もあります。


 過払金請求を行う際は無理をせず、弁護士などのプロに依頼する方が良いでしょう。 


 >過払金請求に強い弁護士は?


 


弁護士の選び方と費用は?



 


 今は過払金請求にかかる弁護士費用もさほど高くなく、経験豊富で専門性の高い弁護士に着手金なしで依頼できるケースも少なくありません。


 また、仮に過払金が発生しない場合でも、借金に関する悩みは弁護士に相談することをおすすめします。経験ある弁護士であれば、「債務整理」や「個人再生」「自己破産」など別の解決策を提案してくれるでしょう。


 しかし、法律事務所へわざわざ出向いたり、実績や費用を調べたりするのは手間ですよね。


 


 例えば、東京都墨田区にある「名村法律事務所」では、電話やネットを通じて日本国内どこからでも相談・依頼することができます。


 注目すべきは、2,000件以上という実績の多さ。25年以上の実績をもつ「名村弁護士」をはじめ、借金問題に強く、経験豊富な弁護士3名が在籍しています。


 


 「名村法律事務所」の場合、相談は何度でも無料、過払金請求の場合は着手金も0円。実際に回収した過払金の20%を成功報酬として支払う形なので、経済的に苦しい時でも安心して依頼できます。


 借金問題に悩んでいる方や過去に借金で苦しんだ経験のある方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。


 


ご相談はこちらから



 


" alt="" />


提供:名村法律事務所

関連リンク

  • 7/9 10:12
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    7/9 17:45

    テレビのCMの子会社潰れたとか、もう期限が終わりつつあるから、かなり悪どい手数料取ってるらしいね。やはりテレビに出る会社昔から有るやつ以外は胡散臭いな。

  • マッシー

    7/9 17:24

    過払い金請求なら、弁護士がベスト。105%戻ります。5%は、法定利息の分。司法書士事務所だと、半分も戻ってくれば御の字。但し、1件に付き、130万円が上限です。

記事の無断転載を禁じます