カジサックを暴言追放!?最恐女帝・上沼恵美子に迫る“逆追放危機“!!

拡大画像を見る

 人気YouTuber・カジサックとしても活躍する、お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太(39)が、6月末、レギュラー出演していた『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)から降板した。

 7月2日発売の『女性セブン』(小学館)では、降板の原因を上沼恵美子(65)の“パワハラ”ではないかと報じている。

 上沼は、大阪の多くの放送局でレギュラー番組を抱える“西の女帝”としても知られる。

「かつて梶原が精神的に不安定な時期に、“あなたはスターになれる”と励まし、『えみちゃんねる』のレギュラーに抜擢したのが上沼さんです。梶原は2015年から同番組にレギュラー出演し、上沼さんは梶原を可愛がり、梶原も上沼さんを慕うといった師弟関係を続けてきたんです」(芸能レポーター)

 記事によると、6月中旬に行われた『えみちゃんねる』の収録の中で、「何度もおごってきたのに義理を欠いている。だから1度ごちそうしなさい」と、梶原に対して1人10万円の高級料亭でスタッフ含め、200万円分の食事をおごるよう迫ったという。

「また、“この番組に途中から来た子やんか”と批判を展開。共演者が制止するも、梶原への口撃を緩めることはなく、梶原が上沼さんの“イジリ”を笑いに変えることもできなかったといいます。

『女性セブン』では、『えみちゃんねる』で構成作家を担当する上沼さんの次男が、プロデューサーなどに梶原の悪口などを吹き込み、それに影響を受けた上沼さんが、このような言動をとったと伝えています」(前出の芸能レポーター)

■本番で罵詈雑言をぶっこむ

 6月29日放送のラジオ『上沼恵美子のこころ晴天』で上沼は、「梶原くんは東京から行ったり来たりするのがしんどいということで」と梶原の降板を発表。

 これに対し、梶原は自身のツイッターで「『上沼恵美子のこころ晴天』を卒業させて頂くのは事実です。ただ記事にある、“忙しくなって東京から行くのがしんどくなったから卒業した”と僕が言った事実はございません」と、上沼のラジオでの発言を否定している。

 在阪テレビ局で仕事をする制作会社関係者は話す。

「実は以前から、上沼さんと梶原さんが親密なことをよく思わない上沼さんの次男が、梶原さんについてのあれこれを上沼さんに伝え、それを真に受けた上沼さんが梶原さんを問いつめる、ということがたびたびあったそうです。その度、梶原さんは“そんなことないですよ”と否定し、なだめていたようですが、今回のことで、“これは永遠に続くんだろうな”という考えに至り、梶原さんサイドが降板を決意したと言われています。

 また、ラジオでの発表も、本来なら翌週の放送で、梶原さん本人から番組卒業を発表する予定だった。にもかかわらず、上沼さんがラジオで突然発表してしまった。これには関係者も冷や汗をかいたでしょうね。上沼さんはリハーサルでは一切言わなかった爆弾発言を、本番でいきなりをぶっこんでくることがよくありますから、本人に的には予定通りなのかもしれませんが……。

 それにしても、梶原さんを追い詰めたという『えみちゃんねる』の放送回でカットされたVTRは“あまりにも酷い内容だと”関係者の間ではもっぱらです」

■上沼のためにエレベーターを動かす

『女性セブン』でも、上沼の発言は広義のパワハラに相当すると指摘している。

「実は、関西テレビも今回のことを問題視しているといいます。今やテレビ界は、とてもコンプライアンスを重視しますからね。これまでは上沼さんが在阪テレビ局では“女帝”として君臨し続けてきたから、それが許されてきたいえるでしょう。関西テレビでは節電のために局内のすべてのエレベーターを基本稼働させてはいないんですが、上沼さんが局に入るときには彼女の機嫌を損ねないように、時間がある役員が出迎えるとともに、エレベーターを全機稼働させるといいます。

 それだけの特別な存在でしたが、上沼さんだからパワハラやってもOK、なんて時代ではありません。また、上沼さんの感覚が時代とズレているという指摘も一部ではありますよね」(前出の制作会社関係者)

■「リモートなら引退する」

 上沼は、4月25日の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)、同月27日にはラジオ『こころ晴天』の収録を欠席している。

 また、2019年の『NHK紅白歌合戦』では、審査員を務めた上沼が、番組終了後、介助されながら段差を降りる場面もあり、上沼の体調面を心配する声も上がっていた。

 さらに、上沼は6月8日放送の『こころ晴天』の中で、リモート収録に対し、「(リモート収録が定着したら)私は引退する」と発言。これを受け、7月3日の『グッとラック!』(TBS系)に出演した東野幸治(52)は「上沼さんが引退するとなったら喜んでる芸人もいらっしゃるんじゃないですか」と切り出し、「梶原くん喜んでるでしょ」と笑いを誘った。

「上沼さんはかつて自身の引き際について“ちゃんと人を見て、的を射ることが言えなくなったら、そこが引退だと思っている”と話しています。上沼さんにひれ伏すだけだった関西のテレビ局の態度も変わってきた今、その日が刻々と近づいてきているのかもしれないですね……」(前出の制作会社関係者)

 西の女帝が、その座から陥落する日も近いのだろうか――?

関連リンク

  • 7/5 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます