12年前に行方不明になった猫、飼い主との再会に喉を鳴らしながら抱きつく(英)

拡大画像を見る

英ウェスト・ヨークシャー州リーズ市モーリー在住のヴィッキー・スウェインソンさん(Vicky Swainson、31)が、12年間も行方不明だった愛猫と奇跡の再会を果たしたことで人々の心を温かくしている。

2008年のこと、19歳だったヴィッキーさんは当時3歳の雄の猫“グッチ(Gucci)”を飼っていた。この年に引っ越したのだが、グッチは新居に慣れないせいかヴィッキーさんが目を離した隙に窓から外へ飛び出して逃げてしまった。慌てたヴィッキーさんはすぐに探し回ったものの、グッチを見つけることができなかったという。

ヴィッキーさんは半年間、グッチを探すため自宅付近以外にも引っ越し前に住んでいた場所へ3キロほど歩いて通い、ポスターを作って町中に配るなどしてグッチを探したそうだ。しかし結局、ヴィッキーさんはグッチを見つけられないまま12年が経ってしまった。

ところが先月のこと、現在31歳になったヴィッキーさんのもとに、グッチを診察したという獣医から突然の連絡が入った。どうやら獣医はグッチに装着されていたマイクロチップの情報をもとに連絡してきたようだ。そして実際にその猫がグッチかどうかを確認するため、ヴィッキーさんは6月26日に獣医のもとを訪れた。

部屋に通されて目の前にいる猫が紛れもなくグッチだと確信したヴィッキーさんだったが、グッチはヴィッキーさんに抱きついて喉をゴロゴロと鳴らし始めたという。こうしてグッチと12年ぶりの再会を果たすことができたヴィッキーさんは、このように振り返っている。

「連絡を受けてからすぐに向かったのですが、会った瞬間にグッチに間違いないと思いました。グッチはすぐに私に抱きついてきて喉を鳴らし始めたのです。私のことを覚えていたのでしょう。もう二度と会えないと思っていたのに、19歳の頃と同じようにグッチを抱っこできるなんて、なんだか夢のような瞬間でした。」

グッチは路上をさまよっていたようで、地元の女性が8か月間ほど餌を与えて世話をしていたそうだ。しかし最近になってグッチが痩せ細ってきたことから心配した女性が獣医に連絡して検査を受けることになり、その際にグッチのマイクロチップに気付いた獣医がヴィッキーさんに連絡したという。

マイクロチップによって行方不明のペットと再会できたケースは多々あるが、オーストラリアやシンガポールなどいくつかの国ではペットのマイクロチップを義務付けている。日本でも2022年6月1日までにペットショップや犬猫繁殖業者等に対してマイクロチップ装着が義務化される予定のようだ。これにより捨てられたり行方不明になってしまう犬や猫が減っていくことが期待されている。

画像は『The Sun 2020年6月30日付「CAT REAPPURRS Woman stunned after being reunited with her missing cat Gucci – 12 YEARS after he vanished」(Credit: SWNS:South West News Service)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 7/4 6:45
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

24
  • 1歳で人類の20歳レベルに成熟、以降は1年間で人類の4~5歳程度の速度で年老いていく。日本での平均寿命は15歳だそうで。人間なら80代後半。グッチはもうそこまで届いてる

  • いち(

    7/4 20:53

    うちの猫も家出猫かもな、外で拾って来たからね。ホントの飼い主が 捜してるかもね。

  • 路上をさ迷っていたグッチを8ヶ月間世話し続けた地元女性 を怪しいと言っているのではない 念のため

記事の無断転載を禁じます