おいしいおそばが食べられる♡栃木県栃木市の名店へ行こう!

拡大画像を見る

栃木県は、毎年数か所で「そば祭り」が開催されるほどの県。県内にはおそばの人気エリアがいくつかありますが、今回は人気エリアのひとつ、栃木市のお店をご紹介します。食事に迷った際には、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。


栃木市のおそばでここは外せない!出流山「いづるや」



「いづるや」は出流山にあるそばの名店。「挽きたて 打ちたて ゆでたて」を信条に、地元の玄そばを自家製粉した後、薪を使ってゆであげます。



「いづるや」へは、こちらから入ります。お休みにはウェイティングも出るほど人気なので、待合室にもなっています。



おそばにこだわり自信を持っている「いづるや」では、希望すれば「水そば」も食べられます。「いづる名水」といわれる、パワースポット・満願寺の滝から流れ出る湧水で食べることができますよ。


栃木産の蕎麦粉で作る、打ち立て・ゆでたてのこだわりおそば



「いづるや」のおそばに使われる蕎麦粉は、周辺の生産農家で契約栽培した地元産の玄そばを使った自家製粉「いづるや流・挽きぐるみ」がおいしさの秘密。
そんな蕎麦粉を使って作られる「いづるや」のおそばは、小麦粉2割、蕎麦粉8割。卵でつないだ「二八の金つなぎ」と呼ばれる逸品です。2升玉に2個の卵を入れて、味にまろみとコシを出しているのだそう。



打ち立てのおそばは、すぐに茹でられます。「いづるや」では創業当時から、松の薪を燃やしてそばを茹でています。そばを茹でるには、木の柔らかさと高温度で燃える薪が相応しいのだそう。 登り窯では1,200度もの温度を出せるほど火力が強いので、おそばをさっとゆで上げることができるのです。



「いづるや」ならではの「盆ざる」。盆ざるに盛られたおそばを、数人で食べるのがいづるや流です。香り高いおそばは細いのにしっかりとしたコシがあり、のどごしもなめらか。香りもよく、とてもおいしいのです。



季節の天ぷらは、衣がサクッと、絶妙な火の入り具合。おいしくて、あっというまにぺろりと平らげてしまいます。



おそばの後には、蕎麦湯もいただけます。高温で茹でるからなのか、とろみはあまり強くなく、ややさらっとしている蕎麦湯です。



食後、おなかに余裕があれば、ぜひ試していただきたいのが、和スイーツ。
「トチ実大福」は、栃木県の県木・栃の木の実ともち米とで作ったお餅で、北海道十勝産のえりも種小豆で作ったつぶし餡を包んだ大福。「そばゆら」は、蕎麦生地に同じくつぶし餡をつつみ、お湯の中で“ゆらゆら”とゆで上げたおまんじゅう。どちらもお持ち帰りOKなので、おみやげにも。


<スポット情報>
元祖手打そば いづるや
住所: 栃木県栃木市出流町141
電話:


お肉屋さんでおそば!?栃木市のステーキの名店「肉のふきあげ」



もう1店ご紹介するのは、「肉のふきあげ」。
「肉のふきあげ」は、栃木市にあるステーキのお店です。



「肉のふきあげ」は、肉にこだわり、味にこだわるお店として地元に愛されるお店。柔らかく極上の味わいで美味しい、数々の賞を受賞したとちぎ和牛、「前日光和牛」の取り扱い店でもあります。



そんなお肉の名店をなぜご紹介するかというと…「肉のふきあげ」で人気の定番メニューが、ステーキとおそばを一緒に楽しめるお膳だからなのです。



「肉のふきあげ」はお肉の名店ですが、おそばも本格的。そして、ステーキとおそばを一緒に食べると、それぞれがよりおいしく感じるのです。
ステーキとおそばのセットは、「ステーキそば膳」…¥2,800(税抜)から。贅沢をしたい日は、「とちぎ和牛ステーキそば膳」…¥5,600 (税抜)や、「前日光和牛ステーキそば膳」…¥4,600 (税抜)がおすすめ。


<スポット情報>
肉のふきあげ
住所: 栃木県栃木市吹上町793-2
電話: 0282-31-1022


おいしいおそばを食べに、栃木へ行こう


本格的なおそばが食べられる、栃木市の人気店をご紹介しました。「いづるや」は、出羽三山を参拝する前に必ず参拝すべしといわれるほど格式の高い「満願寺」のすぐ近くにある、50年以上の歴史があるそば屋。そばと共に、満願寺でパワーを充電するのもおすすめですよ。「肉のふきあげ」では、栃木の和牛とおそば、ふたつの栃木グルメを1度に楽しめます。どちらもおすすめなので、ぜひ訪れてみてくださいね。

関連リンク

  • 7/3 20:40
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます