今度は左サイドの補強へ…インテルがチェルシーDFエメルソンの獲得に興味

拡大画像を見る

 インテルは、チェルシーに所属するイタリア代表DFエメルソン・パルミエリの獲得に興味を示しているようだ。3日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 2018年の1月にローマからチェルシーに移籍したエメルソンだが、今シーズンもここまで公式戦19試合の出場に留まるなど、なかなかロンドンの地で定位置を掴めていない。そんな中、今回の報道によるとインテルが同選手の獲得に興味を示しているようだ。

 今週レアル・マドリードからDFアクラフ・ハキミの獲得を発表し、右サイドの補強に成功したインテルは、左サイドの補強も実現すべくエメルソンをターゲットに据えている模様。なお、現在インテルで指揮を執るアントニオ・コンテ監督は同選手がチェルシーに移籍した当時の監督でもあり、今なおエメルソンの能力を高く評価しているようだ。

関連リンク

  • 7/3 20:37
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます