PSGがグリーズマンの獲得を希望

拡大画像を見る

パリ・サンジェルマンは今夏の移籍市場でアントワーヌ・グリーズマンとの契約を希望しているようだ。

グリーズマンはバルセロナでの出場時間が少なく、継続性に欠ける状況にあることから、PSGは将来のパートナー候補として彼に注目している。キリアン・エムバペやネイマールといった選手がいるにもかかわらず、PSGはカバーニが抜けた穴を強化しようとしている。

『Le parisien』などの一部のフランスメディアは、グリーズマンの意見や本当の状況を知るために、選手サイドと接触を試みたと報じている。

今夏の移籍市場は新型コロナウイルスの影響によって変則的になっている。PSGらフランスリーグのクラブは早々にシーズン終了を迎えたため、各国クラブよりも市場調査に割ける時間が多い。UEFAは移籍マーケットを10月5日まで開くとしている。

チーム内での扱いや状況次第では、ナセル・アル=ケライフィ会長のクラブがグリーズマンの獲得に本腰を入れるかもしれない。

関連リンク

  • 7/3 17:05
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます