瑛太、木村カエラ作のド派手マスクにも賛否が上がる“家族愛アピール”の微妙

拡大画像を見る

 俳優の永山瑛太が6月29日、自身のインスタグラムを更新。妻で歌手の木村カエラが手作りしたマスクを公開した。

 永山は「嫁がマスクを作ってくれたよ。涼しい素材でとても良いよ。文鳥の梅ちゃん、原色が苦手だったよね。早く外してと鳴いてるよ」と綴り、文鳥とともにタイダイ染めのド派手なマスクを着用した姿を披露した。

 これにネット上では「丁寧に縫えてますね。瑛太くんめちゃ似合ってるよ!」といった声と同時に「派手すぎて吹いた。これ文鳥じゃなくても驚くわ」「うーん、微妙だなぁ。こんなマスクしてたら永山バレ間違いなしだろう」「カエラのセンスがちょっと…。これ自慢になってない」「待ち合わせではすぐに見つかりそう」など、賛否両論が飛び交っている。

「相変わらずの夫婦仲の良さを見せている瑛太ですが、最近は家族愛アピールが強すぎて引き気味のファンもいるようです。6月24日にはカエラが出版した本を涙ながらに“絶賛”。『木村カエラという人間の豊かさにどんどん引き込まれていく。日本中の皆さんに読んでほしい!!子を持つお母さん、お父さん、夢を持つ人、疲れた人、息詰まった人、この本を読めば人生楽しめる!!』などとコメントし、ファンを大いに呆れさせました。今回の手作りマスクも、カエラの独特な美的センスをアピールしたかったのでしょうが、あまりにド派手すぎてフォロワーも絶賛とはいかなかったようです」(芸能記者)

 夫婦仲がいいのは結構だが、やりすぎがアンチのいいネタにもなっているようだ。(ケン高田)

関連リンク

  • 7/3 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます