前田敦子、夫・勝地涼「鬼の家には…」別居継続も「絶対離婚はしない!」

拡大画像を見る

 2018年7月に結婚した、元AKB48の前田敦子(28)と俳優の勝地涼(33)夫妻が別居状態にある、と6月25日発売の『女性セブン』(小学館)が報じている。

 2018年9月には第1子の妊娠を発表し、前田は2019年3月に男児を出産。夫婦生活は順調に見えたが、なにがあったのか。

「記事によると、出産前に2人は前田の実家と同じマンションに引っ越し、子どもが産まれてからは、前田の両親も育児に参加してきたそうです。しかし、子どもが1歳になり、育児の負担も増えるタイミングで、別のマンションに引っ越したというのです。さらに、勝地も別の家で寝泊まりしているといいます」(芸能記者)

 異変が起きた勝地、前田夫妻。そこにはお互いの性格が関係しているという。

「2019年5月の『週刊文春』(文藝春秋)では、前田と勝地の意外すぎる姿を報じています。足を負傷していた前田が乗る車椅子を、子どもを抱えた勝地が押していたところ、前田が突然、車椅子から立ち上がって猛ダッシュして転倒。勝地が、前田に駆け寄ったところ、前田に怒鳴りつけられてしまったというんです。

 前田は、2019年6月放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演した際に、自身は“すぐパニックになる性格”だと明かしていましたが、ヒステリーが酷いといいます。『文春』の記事にあったような騒ぎは結婚してからも度々あったそうで、勝地も困っていたとの話を聞きます」(前同)

■帰りたくない…

 一方で勝地も、男女別け隔てなく接する好青年であるものの、突如怒りのスイッチが入ることがある、と2014年6月の『日刊ゲンダイDIGITAL』は報じている。芸能プロ関係者は、

「勝地さんも、ひとたびキレモードに入ると、直接的な暴力をふるうことはないようですが、暴言や罵声が酷いと聞きます。前田さんも、ヒステリックな部分がありますから、勝地さんの怒りに過剰に反応することもあるようです。とにかく、お互いにキツい性格で、衝突する回数もかなりあるようですね……」

 と語り、こう続ける。

「勝地さんは日頃から、前田さんの激しい感情に振り回されていましたから、そろそろ限界が来たのでしょう。周囲に対して、“鬼嫁のいる家に帰りたくない”と疲れた表情で、愚痴を言っているといいます。子どもが1歳を超えて、かわいい盛りのタイミングですが、ずっと別宅で生活しているのを見ると、よほど前田さんとの生活に疲弊してしまったのかもしれませんね」

 ここまで来ると、夫婦関係の修復も難しそうに見えるが、

「前田さんは周囲に対して、“絶対に離婚はしない!”と断言しているみたいですよ。しょっちゅう喧嘩する仲でも、勝地さんのことを大切に思っている、というのはあるでしょう。そして当然、子育てのことが大きいと思います」(前同)

■女優のキャリアを守りたい!?

 前出の芸能プロ関係者は続ける。

「勝地さんも、別宅で生活はしていても、子どものことは常に気にかけているそうです。前田さんもやはり父親の存在は大事だと考えていて、そこが離婚しない大きな要因なんでしょう。ただ、それだけではなく、前田さんが離婚した際に後ろ指を指されるのがイヤだ、というのもあるとか……」

 前田は、出産後も女優業に意欲的に取り組んでおり、今年2月にはテレビドラマ『伝説のお母さん』(NHK)で主演。新型コロナウイルスの影響で公開が延期になってしまったが、映画『奥様は、取り扱い注意』にも出演している。

「前田さんは結婚、出産を経てもストイックな姿勢は崩さず、今でも映画を年間100本見るほど勉強しているそうです。昨年6月に公開された映画『旅のおわり世界のはじまり』では主演を張って、業界関係者からも高い評価を受けていました。前田さんにとっては、現在は女優としての地位を固めつつある大事な時期。ここで、結婚から2年も持たず離婚となったら、せっかく築いてきた女優としての評価に傷がついてしまう、と考えているのかも。

 ただ、勝地さんも前田さんも我が強い。そのため、話し合いもままならず、長く別居状態が続いてしまうのかもしれませんね……」(前同)

 家族にとって良い落とし所があれば良いのだが――。

関連リンク

  • 7/3 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • この夫婦は、離婚したら負け。働いたら負け。ブレーキを踏んだら負け。

  • 離婚するとほれ見たことかの大合唱だからね。笑 しかしイメージの為とはいえ偽装離婚したり仮面夫婦になったり… 話題作りに私生活を切売りしないとネタがないタレントは大変だな。

  • 芸能界に居るにはキツイ性格位じゃないとね。

記事の無断転載を禁じます