カジサック、芸能人YouTube急増に持論「相当厳しい戦いになる」

拡大画像を見る

“カジサック”ことお笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が6月29日、自身の公式YouTubeチャンネルに公開した動画で、芸能人YouTuberが急増している現状について私見を述べた。

『【芸人トーク復活SP】千原ジュニアさんが部屋に来てくれました』と題して公開された動画には、千原ジュニアがゲスト出演。

カジサックは自身がYouTubeチャンネルを開設した2018年10月と今を比較して、「だいぶ変りましたね。タレントさんたちがすごく増えたので、タレントさんたちが厳しい世界になってると思います」と説いた。

続けてカジサックは、「僕がやってるときってタレントさんが(YouTubeに)あまりいなかったので、もちろん叩かれもしたんですけど、結果さえ残せば認めてくれる。今はものすごく増えたので、相当厳しい戦いになるんじゃないかな。YouTubeの視聴者さんが『また、タレント、またタレント』ってなっているので、そのへんは厳しくなっていくと思いますね」と持論を展開。

また、小籔千豊、フットボールアワーとともに共同でYouTubeチャンネルを運営しているジュニアが「遊び場と捉えた場合のYouTubeはええよな」と言うと、カジサックは「そう捉えたら良いんですけど、ジュニアさんちょっと良いっすか?…遊び場と視聴者さんが捉えてしまうと、伸びづらくなってしまうというのが僕の思いです」と述べた。

ジュニアが「え? なんで?」と聞くと、カジサックは「めちゃくちゃシビアなんですよ、YouTubeの視聴者さんって。テレビの視聴者さんより倍以上厳しい目で見られる」としたうえで、「4人がもし『本気でやってまんねん! YouTubeで、なんとかすんで!』って言ってたら、たぶん来るんですよ。でも、『遊びなんや…』ってなるのがYouTubeの視聴者だったりするんです」と説明していた。

関連リンク

  • 7/2 21:00
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 管仲

    7/5 14:31

    テレビタレントとYouTubeタレントは似て非なるもの。そこを履き違えているテレビタレントが多い。

  • “ユーチューバー草彅” が、インパクト強すぎ!と言われた時代はサクッと終わったんですね。フツーにタレントさんが次々と。

記事の無断転載を禁じます