綾瀬はるかのお相手ノ・ミヌ、韓国内でも「誰?」“格差カップル”の行方

拡大画像を見る

 7月1日の『NEWSポストセブン』が、女優の綾瀬はるか(35)と韓流タレントのノ・ミヌ(34)の熱愛を報じた。日本国内でも大きな反響を呼んでいるが、お隣の韓国では意外な反応があったようだ。

 記事によれば、2人はミヌからのアプローチで知人を介して知り合い、ミヌが2018年7月に兵役服務を終えてから本格的に交際がスタート。交際期間は2年に及んでいるという。

■綾瀬はるかの熱愛報道に「松坂桃李と結婚して欲しかった」の声も

 『八重の桜』(NHK)や『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)など数多くの主演作を持ち、日本を代表する女優の熱愛スクープとあって、ツイッターではすぐさま関連ワードがトレンド入り。SNS上でも「学生時代からファンだから、やっぱり熱愛報道はちょっとショック」「個人的には複雑な気持ちはある」「松坂桃李と結婚して欲しかった」「幸せになってもらいたい」「そろそろ家庭を持ってもいいと思う」など、多様なファン層を持つ綾瀬ならではの“悲喜こもごも”な反応が巻き起こっている。

 このニュースは韓国内でも大きな関心を呼び、韓国の大手検索サイト「NAVER(ネイバー)」でも検索数が急増。昨夜の18時時点で2位に「綾瀬はるか」、3位に「ノ・ミヌ」がランクインして以来、一夜明けた2日の9時半時点でもトップ10に入っている。しかし、ツイッターのコメントを拾ってみると、「綾瀬はるかは知ってるけど、ノ・ミヌは知らない」「ノ・ミヌって誰?」と意外な反応も多い。

■両者を知る現地のファンの反応は……

「韓国内でも『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)や『義母と娘のブルース』(TBS系)といった人気作で知られる綾瀬に比べ、お相手と目されるミヌはあまり知られていないようですね。現地の朝鮮日報やスポーツ紙が“ノ・ミヌはどんな人物?”という見出しで紹介記事を書いているほどで、今回の報道で初めて彼を知った人々も多いのではないでしょうか。ミヌは2004年にロックバンドのドラムメンバーとしてデビューし、2年後に脱退。その後もバンド活動のかたわら、185センチの長身を生かしてモデルや俳優としても活躍しています。2012年以降は日本でも定期的にファンミーティングを行っていました。近年の活動基盤は日本が主だったようですし、韓国内の知名度の低さは仕方ないことかもしれません。一方で、両者を知る現地のファンは“お似合い”“応援する”と好意的なまなざしを向けているようですよ」(韓流に詳しいWEBライター)

 もし交際が事実だとすれば、知名度的には「格差カップル」ということになるが……。

 綾瀬の事務所は「友人ですがそれ以上の関係ではありません」、ミヌの所属事務所関係者は「綾瀬はるかとの熱愛説は事実無根」と、ともに交際の事実を否定している。

※画像はノ・ミヌのインスタグラムアカウント『@icon_stagram』より

関連リンク

  • 7/2 12:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • 誰でもいいんじゃね?国籍が何処だろうが。好きになったもんは、仕方ないんじゃない?ほおっておけば?

  • いち(

    7/2 23:11

    なんで韓国人やねん😠

  • トリトン

    7/2 22:49

    (笑)まあ本人が良いのならしかたがないかもでも男優韓国で無事にいられるのかな?

記事の無断転載を禁じます