西村まさ彦「妻のがん」、ボビー「DV疑惑」…ドス黒「ゲス熟年離婚」!

拡大画像を見る

 6月29日発売の『女性自身』(光文社)で、俳優の西村まさ彦(59)の離婚の実態が明らかになった。

 23日に各メディアが報じた離婚報道では、10年ほど別居していた西村と妻のA子さんは調停を経て“円満離婚”をしたと伝えられているが、『女性自身』の記事によればその実態は異なるという。

 西村が当時劇団員として活動していたA子さんと結婚したのは1995年のこと。結婚後に『古畑任三郎』シリーズで大ブレークした西村だが、その頃から女性スキャンダルが報じられるようになった。

「西村は99年に車の接触事故を起こしましたが、その時に助手席にある女優が乗っていたと報じられています。また同年には別の女性を事務所の社長に就任させたとの報道もありました。

 当時、妻のA子さんとの別居も噂されていましたが、西村は週刊誌の取材に応じ、仕事のために郊外にある自宅とは別に都内にマンションを借りていると、夫婦の不仲を否定しています」(芸能記者)

 A子さんも、2001年に週刊誌の取材に答えている。

「西村が自宅にあまり帰らないのは“仕方がないこと”と話し、数々の女性スキャンダルについても“夫を信じていますから……”と答えるだけでした。A子さんは西村のスキャンダルに頭を抱えていたようでしたが、自身が熱心なクリスチャンであることもあり、離婚を考えたことは一度もなかったといいます」(前出の芸能記者)

 夫婦仲の修復は困難に思える状況が続いた西村とA子さんだが、2014年に西村が家族で暮らすための新築マンションを世田谷区内に購入したことで生活は一転。夫婦での生活を再スタートさせた。

■「マンションから出ていけ」と言われ……

 しかし、西村はまたもや別の部屋を借りて1人で出て行ってしまったという。

「17年頃からは“マンションから出ていけ”とA子さんに言うようになり、ついには弁護士を通してA子さんに離婚を迫るようになったといいます」(前同)

 それでも夫婦やり直しを願っていたA子さんだが、ついに離婚への覚悟を決めることになる。というのも、1年前にA子さんの乳がんが発覚したというのだ。

「手術を目前にしてA子さんは気力を失い、とうとう離婚を受け入れる決断をしたといいます。ただ西村サイドは一連の報道内容を否定しています。『女性自身』の報道が事実であれば、がんの闘病中で心身ともに弱っているA子さんに、西村がつけこむような形の離婚にも見えてしまいますよね」(同)

 26年間にわたって夫婦だった西村とA子さんが離婚し、さらにもう1組、離婚の危機を迎えている熟年夫婦がいるという。5月16日に妻の顔を叩いたとして埼玉県の自宅で現行犯逮捕されたボビー・オロゴン(54)だ。ボビーは妻と99年に結婚し、5人の子どもがいる。

■DV疑惑のボビーの離婚したくないワケ

 逮捕翌日に妻が「長年DVを受けていた」と訴えたが、ボビーは5月18日に釈放され、暴行については一貫して否定している。釈放後も起訴されていないことから、この事件にはある疑いが生じていると6月29日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が報じている。

「騒動後、ボビーは知人に対し、“絶対に手はあげていない”と暴力について否定し、“妻が嘘をついた”と主張しています」(女性誌記者)

『週刊女性』は、6月下旬にボビーの妻に取材を行っている。

「記事によれば、奥さんは今ボビーがどこにいるのかも分からない状態で、ボビーは海外留学中の子どもたちへの送金や奥さんの生活費の振り込みも止めているとのことでした。奥さんはとにかく早く離婚したい旨を強調していました」(前同)

 しかしDVが発覚した当初、「家を売りたいから出ていってくれと言われた」といったように、ボビーから離婚を迫ってきたと妻は話している。

「ところが『週刊女性』によると、ボビーは離婚をしたいと思ってはおらず、離婚を希望しているのは奥さんのほうだという話が浮上しているんです。ボビーが離婚したがらない最大の理由は5人の子どもと離れたくないからでしょうが、彼はかなりお金にシビア。言ってしまえばケチな性格なんです。

 離婚をすることで奥さんに財産を持っていかれたり、慰謝料を払うことを絶対に避けたいのではないでしょうか。結婚生活を続けたいボビーは“子どもが好きだから別れたくない”と涙ながらに知人に話していたといいます。

 ただ、奥さんの主張が正しいのであればボビーの行動は父親として酷いですよね。奥さん側の言い分もやや一方的な気もしますし、ボビーも暴行や離婚について否定していますが、いずれにせよボビーはお金で揉めてはいそう。また西村まさ彦は妻に“マンションから出ていけ”と言い放ったとされ、どちらも財産で揉めていますよね」(同)

■たけしは大金を渡してスッキリ!?

 西村やボビーの例のように、熟年で離婚する際にはお金、財産で揉めることが少なくない。

 ビートたけし(73)は、2019年6月に40年連れ添った幹子夫人と離婚したことを情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)で発表。財産分与については、「俺もお金がない。ないってことはどっかに行っているわけで。事務所かあっち(幹子夫人側)か。半分は国に(税金として)。(自分に残った)財産は家だけ」と、幹子夫人に多くの財産が渡ったことを告白している。

「たけしさんは、結婚生活を始めた当初からほぼ別居状態だったんです。そのため、離婚が成立した際には“離婚するのに40年かかったよ”とコメントし、笑いを誘っていました。また、“オイラ、スッキリしちゃったぜ”とも話しています。

 ただ、たけしさんの財産は100億円ともささやかれていました。財産分与でその半分が奥さんの方にいったとすれば、その額は50億円。一般人には想像もつかない大金ですが、それでもこれほどメディアの前ではあっけらかんとできるのは、たけしさんだからでしょうね」(女性誌ライター)

 熟年離婚は、過ごした時間が長いだけに遺恨も大きくなるようだ……。

関連リンク

  • 7/2 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 夫婦にしか分からない事が沢山ある。第三者がとやかく言う事ではない。それこそゲス記事。

記事の無断転載を禁じます