コスプレイヤーえなこが日本酒イベント出演!「どうですか私は?」に高橋名人が赤面

拡大画像を見る

内閣府クールジャパン機構のアンバサダーに就任したコスプレイヤーのえなこが、6月12日に都内で行われた日本酒イベント「TOKYO SAKE FESTIVAL2020」の会見に出席。似鳥沙也加、宮本沙希と共に企画したスパークリング日本酒「泡萌酒」「えなこ」「似鳥」の3種類を発売することを発表した。

この日、MCを務めた"16連射"の異名を持つ高橋名人がスパークリング日本酒「えなこ」を試飲すると、これを見たえなこが「どうですか私は?」と感想を尋ねた。高橋名人は「そう言われると返せなくなる(笑)」と赤面するも、「爽やか系な甘酸っぱさがあって。イカの刺身が食べたくなる」と言葉を紡いだ。

さらに高橋名人は「酔ったらどんな感じになるんですか?」と質問。えなこは「まぶたを閉じたままお酒を飲むんです。2杯から3杯ぐらいでくっついてくるんですよ」と告白し報道陣を驚かせた。

そんな、日本酒についてえなこは「3つのお酒は、スイーツ・ドライの2種類になります。女性の方もですけど、色んな方が飲みやすい。日本の方だけでなく海外の人にも飲んでいただきたい。コスプレ写真がラベルになっています」とアピールした。

「TOKYO SAKE FESTIVAL2020」(東京酒フェスティバル2020)は、8月11日から16日にかけて、新宿住友三角ビルアトリウムドームで開催予定のイベント。3人が出演する撮影会イベントも開催される。

関連リンク

  • 7/1 12:00
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます