木村拓哉「BG」も7月末で終了 最大でも7話に 7月期ドラマは8月上旬スタートに

拡大画像を見る

 テレビ朝日の定例社長会見が30日、都内の同局で行われた。連続ドラマの編成について、西新取締役は現在放送中の4月期作品は7月いっぱいで終了する見通しを明かした。

 新型コロナウイルスの影響による撮影中断や放送休止のため、4月期作品の終了時期は「7月いっぱい。1カ月遅れるのではないかと思っている」と説明。「次のクールのドラマは8月アタマから。(編成時期のズレは)上期である程度、調整がつくのでは」と、例年なら7月期のドラマは8月上旬からのスタートに少し放送時期が遅れるが、微調整で済むとの見方を示した。

 4月期作品では、4月中にスタートしたものもあったが(その後撮影と放送を中断)、木村拓哉主演の「BG~身辺警護人~」は放送開始が2カ月遅れ、6月18日にスタート。初回の世帯視聴率17・0%の滑り出しに、西取締役も「いいスタートができた。好評をいただいた」と話したが、「7月いっぱいでの終了を予定している。(撮影の)中断があったので当然、調整はあると思う。通常よりは少ない」と話した。仮に7月30日まで放送されれば、全7話となる。

関連リンク

  • 6/30 15:46
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます