東京~名古屋~大阪を巡りました☆【ヒッチハイクの極意】

拡大画像を見る

ずっとやりたかったヒッチハイクにこの度挑戦し、大成功しました!ヒッチハイクをやってみたい方、興味がある方へコツを伝授します。


ヒッチハイクの基本



今回は20代の女性2人で、東京から大阪まで一泊二日のヒッチハイクをしました。
まず、荷物は少ないことが基本。私は写真のように軽装で、22リットルのリュック1つで行きました。
必需品は、スケッチブックと太いマジックペン数本だけ!
高速道路の地図を持参し、現在地を確認するときや、到着時間を書き込んで記念にするのもおすすめです!


スケッチブックはここで掲げる!


東京~名古屋編



東京から東名高速には、用賀インターから乗ります。インター付近のマクドナルドはヒッチハイクの聖地として有名ですが、それより手前のローソンやエネオスの方が、車が止まりやすく成功しやすいと思います。
スケッチブックには「海老名方面」と大きく書きましょう!大きなSAの名前を書くのがポイントです!
12時ごろ開始して、1時間ほど掲げました。


SAの人通りが多いところで掲げる!



新東名高速のSAはどこも大きく他の高速道路より難易度は低めです!足柄SAや岡崎SAを経由して19時ごろ名古屋市内へ到着しました。


<スポット情報>
足柄サービスエリア 下り線
住所: 静岡県駿東郡小山町桑木 足柄サービスエリア下り 線
電話: 0550-82-3566


名古屋~大阪編



名古屋から高速道路に乗るには、刈谷ハイウェイオアシスが一押し!路線バスで下道からそのままSAに入れるので"高速道路に入る"という難所をクリアできます!
12時ごろ開始し、伊勢湾岸自動車道の湾岸長島PA、草津PAを経由して19時ごろ吹田に到着しました!


<スポット情報>
刈谷ハイウェイオアシス
住所: 愛知県刈谷市東境町吉野55 刈谷ハイウエイオアシス
電話: 0566-35-0211


最後に



初めてのヒッチハイクは不安も大きいと思いますが、ポイントはスケッチブックを掲げる場所と、目的地の設定です!
とにかく、大きなSAを目的地として書き、乗り継いでいくことがコツ!
そして、本当に大事なのは、乗せて下さった方へのお礼。一言メッセージカードを配ると、感謝の気持ちを伝えやすく、記念品にもなります!

関連リンク

  • 6/30 12:40
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます