木村拓哉、ソロ音楽活動「拒否っていた」 SMAP解散後の心境語る

拡大画像を見る

歌手・俳優の木村拓哉が、29日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間スペシャル』(19:00~21:48)で、人気企画「帰れま10」に参戦。SMAP解散後、ソロでの音楽活動は「拒否っていた」と話した。

今回、人気うどん店の人気メニューを当てるべく、木村が3度目の参戦。『BG~身辺警護人~』で共演する斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗のほか、お笑いコンビ・ミキ、四千頭身も参戦した。

木村との共演に大興奮のミキと四千頭身。亜生が「ソロツアーされてるじゃないですか。グループとの違いはなんなんでしょうか?」と音楽活動について尋ねると、木村は「ガチだね」とコメントしてから、「オープニングからケツまで自分以外歌っている人いないので、それは初でしたね。初めて喉のケアをしました」と答えた。

また、「解散してからはもう一度ステージに立つとは思ってなかったので、ちょっと拒否っていたんですよ」と打ち明け、「アーティストのみなさんの『なんでもう1回やらないの?』っていう言葉に対して、『そういうタイミングがもしあったらそうします』って割と受け流していたんですけど、なんか受け流せなくなったタイミングが今回だったかな」と話した。

関連リンク

  • 6/29 21:14
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • フランシン

    6/30 19:34

    拒否っていた?・・もう少し言葉を選んで話すのがいいと思うが、年齢的に。

記事の無断転載を禁じます