「被害者ヅラしてんなよ」 『とくダネ!』で煽り運転の被害を訴える夫婦 公開された動画に疑問の声!

写真はイメージです

 

24日放送のフジテレビ『とくダネ!』で、首都高で発生したというあおり運転のトラブルを特集。被害を訴える夫婦がその恐怖について語ったものの、視聴者から「どっちもどっちじゃねーか」「これで被害者ヅラはちょっと無いんじゃないの?」といった指摘が相次いでいるようです。

トラブルが発生したのは、6月14日の午後8時過ぎ。追い越し車線を走っていた夫婦の前に、1台の車が強引に割り込んできたといいます。この車に対し、運転していた夫が危険を知らせるためにパッシングすると、そこからあおり行為が始まったといい、急ブレーキや蛇行運転などの妨害行為が繰り返されたとのことでした。

そして、クラクションの応酬が続いた後、夫婦は車を止めて警察へ通報。相手は車から降りて威嚇してきたといいます。夫婦の車には1歳の息子も同乗していたそうで、ドライブレコーダーには妻の『もうやめて』といった悲痛な声も録音されていました。

 

参考記事:【これが問題動画】 左から追い越してきた車に鬼ハイビームしといて「怖かったですね」 …はぁ!?

 

夫婦は番組の取材に対し『こんな運転をする人がいまだにいるんだなというのが率直な感想』『怖かったですね。小さい子がいるので…』などと当時の状況を振り返っていましたが、これを見た視聴者からは疑問の声が殺到。

というのも、そもそも夫婦が走行していた車線が追い越し車線だったこと、強引な割り込みに対しパッシングを繰り返したこと、またクラクションを先に鳴らしたのも夫婦の車だったことから、「どっちもどっちじゃねーか。被害者ヅラしてテレビで語ってんなよ」といった声が相次いでいるようです。

ネット上では他にも、

 

関連記事:【動画】セブンイレブンで唐突に始まる店員同士の大げんか! 処分はまぬがれない! | TABLO

 

「ずっと右車線をトロトロ走ってる、その上抜かれたらパッシングプラスハイビーム攻撃。これで被害者ヅラはちょっと無いんじゃないの? 最初に威嚇したのそっちじゃん」

「被害者ぶってた夫婦(特に旦那)、明らかにそっちにも非があったし、動画も都合良く編集されてるかんじだった」

「ていうか煽り運転の話題の時に右車線走ってる場合多くない? “煽られた”本人はほんとにそこ気づいてないの? 問題点に気づいてないから煽られるのか」

「自分の旦那があんな運転してたら旦那のほう注意するわ。奥さんのもうやめては旦那さんに言ってたんじゃないの?」

「完全に煽られ運転だと思う。追い越し車線をチンタラ走ってなければ、まず左からは抜かれないよね。しかもパッシングまでしちゃってるし。煽られ運転通り越して、煽らせ運転じゃね?」

といった声が寄せられていました。

相手の運転の危険性・悪質性は言うまでもありませんが、小さい子ども乗せているならなおのこと、トラブルが発生しないような運転を心がけたいものです。(文◎絹田たぬき)

 

あわせて読む:「クソ野郎が!」 駆けつけた警官2名をぶん殴った70歳 投石で窓ガラスを割りまくるが破壊された神社は訴えず!|裁判傍聴 | TABLO

 

関連リンク

  • 6/25 7:55
  • TABLO

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

54
  • いち(

    6/27 7:58

    まぁ、都市高速は高速道路じゃないからね。

  • あきひろ

    6/27 7:40

    なるほど首都高速は走行と追い越しの区別がないのかじゃあこのつがいは普通に走っている車にいきなりパッシングハイビームクラクションをしたという事になるな完全にこいつらが加害者だな。

  • トリトン

    6/27 7:09

    途中まで高速の追い越し車線を何処までも走り抜けてたから追い抜くときのみとはしらなんだなほとんど数台そのまま走ってるからそんなもんだと思ってた。後一時停止なのに止まらずこっちは減速してたから良かったけどクラクション睨みつけてきたバカもいたなやはり交通ルールを知らん奴が多すぎる。

記事の無断転載を禁じます