引っ越したら騒音が凄かった…!「最悪」と思っていたけれど、後日?

拡大画像を見る

愛犬とのエピソードや心身についての漫画『エミ34歳、休職させていただきます。』などを描いている、漫画家のおおがきなこさん。

ウェブサービス『note』に、近所の騒音が気にならなくなるまでの家庭を描いたエッセイ漫画を公開し、反響が上がっています。

『騒音がなくなった日』

企業用倉庫で働く人たちの人となりを知ることで、騒音が気にならなくなっていったおおがさん。

新型コロナウイルス感染症の治療に当たっている医療従事者に敬意と感謝の気持ちを届けるため、2020年5月29日に航空自衛隊のアクロバットチーム『ブルーインパルス』が東京都心の上空を飛行するのを、穏やかな気持ちで従業員たちと眺めました。

体験談は多くの人に、改めてご近所付き合いの大切さを伝えています。

【ネットの声】

・めちゃくちゃ大事なことが詰まってた。

・騒音って自分の心が生み出しているのかも。

・深くていい話。相手を知ると、今までと違う感じ方になりますよね。

相手を知れば、耳障りな騒音が『人々の営みの音』に変わることも。

騒音と感じるか否かの差について、考えさせられるエピソードですね!

[文・構成/grape編集部]

出典 おおがきなこ

関連リンク

  • 6/2 17:18
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    6/4 8:00

    自分の所の学校の運動会五月蝿いとクレームして音楽小さくしたりしてた人やけど出火して両隣巻き込んで家事何処かに引っ越して行ったけど人に迷惑かけて逃げ出す奴は近所の人に謝って去って行けやゴミな奴こそ文句を言うのだよな。

  • ヤン中佐

    6/3 18:49

    寺の近くに引っ越してきて鐘がうるさいとギャーギャー喚いて除夜の鐘をやめさせる外基地に比べれば随分マトモな人だね。

記事の無断転載を禁じます