動物園の檻に乱入した男、クマを溺死寸前に(ポーランド)

拡大画像を見る

ポーランドのワルシャワ動物園は、92年もの歴史を持つ人気の老舗動物園である。緊急非常事態宣言のために休園していたが、今月20日に営業再開することができた。しかし23歳の男が“サビーナ”という名前の雌で37歳のヒグマがいる檻に勝手に入ってしまったのだ。

男は檻の中の岩山に立ち、檻の外にいる友人らしき男性にその様子を撮影してもらっていた。サビーナは男の存在に気づいて近寄ると、男はとっさに柵の前にある水辺に飛び込んだ。サビーナも男のあとを追うようにそこへ飛び込んでいる。

すると男は高齢であるサビーナの首に腕をまわして、水中へと沈めて溺れさせようとしたのだ。男はその後、隙を見て水辺から這い上がって逃げ出しレスキュー隊によって救出され大事には至らなかったものの、そのまま病院に搬送された。

一方のサビーナは、突然の出来事で明らかに混乱した様子だった。同動物園の広報担当であるアンナ・カルチェフスカさん(Anna Karczewska)は「サビーナはこの男に攻撃された後の数時間はひどく動揺した様子で、動物園職員の呼びかけにも応えようとせず、始終声をあげていた」と明かしている。

同動物園のFacebookには、サビーナについて次のように綴られていた。

「幸いにもサビーナや男性も無事でした。男性はレスキュー隊によって檻の外へと出されました。しかしこれは、非常に恐ろしい悲劇となっていたかもしれないのです。あの檻にはサビーナの他にもう1頭クマがいました。運よくこのクマはその場にいませんでしたが、もし2頭がその場にいたら男性は重傷だったことでしょう。」

「しかし私達にとって最悪なことは『人に怪我をさせた動物は射殺されてしまう』ということです。鎮静剤はすぐ効かないため、すかさずその場で殺されてしまうのです。」

「一部の人はSNSで“見栄えの良い”写真を撮って自慢したいために、動物に勝手に餌を与えたり触ったりというリスクを冒します。」

「私達は毎日2頭が快適に暮らせるように管理をしながら世話をしています。しかし“見栄えの良い”写真や動画を取りたいだけの人、そして単純なルールを破る人、それはあなたにとって本当に価値のあることでしょうか。忘れないでください。誰もが責任を持って行動しなければならないことを。」

「一歩間違っていたらサビーナともう1頭のクマは今、私達の目の前にいなかったかもしれません。これは私達が最も恐れていることです。」

ちなみに同動物園ではサビーナが高齢であることと今回のことを教訓として、もう1頭のクマと共に24時間保護体制が敷かれているエリアに移動して飼育するとのことだ。檻に入った男は当時酔っていたと主張しているが、同動物園は男に対して法的措置を取る意向であることを発表している。

画像は『The Sun 2020年5月22日付「ZOO IDIOT Drunk man tries to DROWN bear in front of horrified families after breaking into its zoo enclosure in Poland」(Credit: Golders)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 5/25 6:45
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • いち(

    5/26 0:36

    あ、間違えたf(^_^)てそいつ撃っちゃえ。

  • 動物以下のオツムの人間なんだろうね。

  • 熊が可哀想。酔ってるとか関係ないし、止めなかった友人も同罪!!

記事の無断転載を禁じます