【本日の注目ポイント】3歳女王決定戦・オークス

拡大画像を見る

 5/24(日)は東京・京都・新潟の3場開催。天気は東京が曇り、京都と新潟が晴れ時々曇りの予報となっている。

■3歳女王決定戦・オークス
 東京メインは牝馬クラシック第2弾・オークス(GI)。無敗の牝馬2冠を目指すデアリングタクト、無傷2連勝でスイートピーSを勝利したデゼル、フローラSを制したウインマリリン、桜花賞上位のスマイルカナ・クラヴァシュドールらが参戦。

■京都10R・鳳雛Sにダノンファラオなど
 京都10Rはダート1800mの3歳リステッド競走・鳳雛S。米三冠馬アメリカンファラオの産駒で兵庫CS・2着のダノンファラオ、未勝利と1勝クラスを共に圧勝したミステリオーソ、兵庫CSで3着のディープインパクト産駒サンデーミラージュなどが出走する。

■新潟メインは千直のハンデ戦・韋駄天S
 新潟11Rは芝直線1000mのオープン特別・韋駄天S。昨年のアイビスSD覇者ライオンボスがトップハンデの57.5kgで出走。他には、昨年のアイビスSDで2着のカッパツハッチが54.0kgで、重賞2勝のダイメイプリンセスが56.0kgで出走。

■川村禎彦調教師のバースデー
 栗東・川村禎彦調教師が62歳の誕生日を迎えた。本日は京都で3頭の管理馬が出走を予定。鳳雛Sに出走するミヤジコクオウはこれまでの4戦すべて馬券圏内で、前走の伏竜Sも3着と好走。ここでも要注目だ。

■中谷雄太騎手が引退
 今年でデビュー23年目、土曜終了時点でJRA通算181勝をあげている中谷雄太騎手が、本日をもって騎手を引退する。新潟で3鞍の騎乗を予定しており、8Rのリーゼントシャルフを最後にステッキを置く。

■新潟4Rでファストアプローチが障害デビュー
 新潟4Rは障害未勝利戦。平地オープン馬ファストアプローチが障害初出走を迎える。他にも、障害2戦目となるダノンキングダム、前走タイム差なし2着のケイアイネイビーなどが出走。

■京都4Rでランスオブプラーナ全弟がデビュー
 京都4Rは芝1600mの3歳未勝利戦。ランスオブプラーナの全弟エスポワールミノルが、池添謙一騎手とのコンビでデビューを飾る。既走馬では、新馬戦2着で前走も勝ち馬から0.3秒差のコンフィテーロなど。

■東京4Rの未勝利にスターリーゴールドなど
 東京4Rは芝2400mの3歳未勝利戦。JRA・4勝のオールピュールを母に持つオルフェーヴル産駒スターリーゴールドが初戦を迎える。他には、フェノーメノの半弟ルカなどが出走。

■地方では3重賞
 金沢競馬場では17時15分に新設重賞・利家盃が行われ、連勝中のティモシーブルーらが出走。佐賀競馬場では18時00分に佐賀ヴィーナスCが行われ、移籍後9連勝中のジャングルキッドらが出走。盛岡競馬場では18時10分に早池峰スーパースプリントが行われ、実績馬ラブバレットなどが出走する。

関連リンク

  • 5/24 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます