会話中のスキンシップ5パターン

男性を「ドキっ」とさせるため、意識的にスキンシップしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。適切なタイミングで繰り出し、男性の心を捉えたいものです。そこで今回は、スキンシップのチャンスをより多く見つけて頂くために、「会話中のスキンシップ5パターン」についてご紹介させて頂きます。

【1】話しかけるタイミングで、腕を触る。
話しかける際にスキンシップするパターンです。女の子から話しかける タイミングで実行することになるので、心の準備をした上でスキンシップにチャレンジすることができます。

【2】笑ったとき、腕を触る。
男性の話で、笑ったタイミングで、スキンシップするパターンです。突発的なタイミングで、チャンスがやってきます。反射神経の良さがポイントとなります。

【3】ツッコミを入れるときに、肩に触れる。
男性の話に対してツッコミを入れる際、スキンシップするパターンです。男性のボケを察知し、即座にツッコミできるスキルが必要となります。

【4】筋肉質であることを褒めるため、腕などを握りしめる。
体を鍛えていることが話題となったとき、「おー、スゴイ筋肉!」とリアクションしながら、スキンシップするパターンです。男性の体を触りながら、褒めることで説得力が増します。

【5】座席に戻ったタイミングで、肩に触れる。
飲み会などで活用できるパターンです。お手洗いのために席を立つこともあると思います。席に戻ってきたタイミングもスキンシップのチャンスです。男性が他の人と会話している時、自分が戻ってきたことを知ってもらうために、そっと肩に触れるなどのスキンシップを試みてみましょう。自分だけにメッセージを送られているようでドキっとする男性もいるようです。

会話中、どのようなタイミングでスキンシップしているでしょうか?みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/24 7:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます