木村花さん(22)が遺したリストカット画像と「もう人間なんかやりたくない」という言葉

画像はイメージです

 

5月23日、スターダム所属の女子プロレスラーで、人気リアリティ番組『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』(Netflix)に出演中の木村花さん(22)の訃報が報じられ、話題となっています。

現時点でのスターダムの発表は<詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります>とし、死因は明らかにされていません。

一方でSNS上では、死因は自殺によるものだと推測されています。

 

23日午前3時前、花さんが自身のツイッターにリストカットした画像とともに「さようなら」と投稿し、立て続けに、「もう人間なんかやりたくない」「愛されたかった人生でした」「みんなありがとう、大好きだよ」と投稿。インスタグラムにも、「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね」とのコメントを投稿していたことや、同時間帯には親交のあるプロレスラー朱崇花が自身のツイッターに、「数日前に連絡した時もかなり追い込まれて、今は連絡も通じない状態です どうにかしてあげたい 彼女、精神は強くないよ」と書き込んでいたことなどが、要因のひとつとされています。

入居当初から、喜怒哀楽のはっきりとした振る舞いで、キャスのなかでも目立つ存在だった花さん。

「初登場は19年10月22日配信回。最初は、プロバスケットボール選手の田渡凌さんに恋をし、彼の一挙手一投足に照れまくる花さんに、視聴者からは『可愛い!』『乙女!』『初々しい!』という絶賛一色でした。放送を重ねるごとに、女子メンバーで恋敵となりつつあった愛華さんとの衝突があり、そのたびに自身を曲げない強さを、視聴者に見せていました。その後、凌さんといい雰囲気になった女子メンバーのビビさんと彼のやりとりをこっそりと覗き見たりと、いわゆる、もっとも“撮れ高”のいいメンバー、という印象でした」(芸能記者)

 

参考記事:【誹謗中傷】亡くなった木村花さんに向けられた心無い視聴者の言葉 本サイトはあえてモザイクは無しで公開します【事件】

 

その頃から、花さんへのネガティンブなコメントがふつふつと出始めていましたが、当時、そうしたSNS上のネガティブな声に心身を疲弊させていたのは、愛華さんでした。

昨年11月、ユーチューブ配信の、山里亮太さんがひとりで放送を振り返るスピンオフ番組『山チャンネル』のコメント欄を見てしまったことで、大号泣。それに花さんは、

「何も知らないわけじゃん? 愛華ちゃんのことを。何も知らない人たちが、こう思う、ああ思うって言ってることって、あんま意味なくない? だって何も知らないんだよ?」

「よくよく考えたらムカつくじゃん? だってさ、顔も見せないしさ、名前も言わずにさ。ネットを通して書いてんだよ」

と親身になって励ますのです。

 

さらに自身が人前に立つ仕事をしていることを鑑みて、

「一番悲しいなって私が思うのは、自分の存在に気づいてもらえないことが私は一番いやだから」

「いいこと言われたら嬉しいし。悪いこと言われても嬉しい」

と続け、さらに、

「大丈夫だよ! 誰だっていいんだよ。悪口言うの。だって絶対愛華ちゃんのことだけじゃないもん。そういうことにケチつける人たちってさ、すべてに不満を持ってるんだけど、結局そういう自分が一番気にくわないだけだから」

「まわりにいる人たちが気にしなければ別によくない?」

「まあ慣れるよ。慣れる慣れる。見なければ、気にならなくなる」

と、力強く、かつ優しくアドバイスをしていたのです。が……。

 

関連記事:コロナ禍で「自殺者20%減」のホントの理由とは? 人が死に至るのは「ウイルス」よりも「対人ストレス」の方だった――!? | TABLO

 

「花さんへの悪意は、3月26日配信回で加速。花さんが、自身のコスチュームが使い物にならなくなってしまった原因のひとりである、男子メンバーの小林快さんに激怒し、乱暴な言動を投げかけたことがきっかけでした。さらに、5月15日に配信された第41話の未公開映像で、花さんの言動について真摯に語りかけるビビさんの対し、拒絶の姿勢を示したことも、追い討ちとなったのでしょう。それ以前にも、各メンバーに対してのネガティブなコメントは5ちゃんねるや山チャンネルのコメント欄にありましたが、これ以降の花さんへのコメントは、自身のSNSに直接書き込まれるようになったのです」(前同)

3月26日以降、花さんのインスタの更新頻度が激減。その間、ストーリーズにこんなコメントを残したこともありました。

「生きててごめんなさい。良い人じゃなくてごめんなさい。嫌な気持ちにさせてごめんなさい。消えてなくなったら許してくれますか? どうやったら消えられますか? 消えたらみんなに愛してもらえますか。わたしはみんなの事が好きです」

それでも悪意あるコメントは止まず、さらにはビビさんのインスタにつけた花さんのコメントにも、アンチは襲来。こんなことを書き散らしました。

 

「今回ほど見たくないテラハは初めてです。もうほんとに出て言って欲しいです。お願いします。出て行ってください」

「あなたは男女関係なく誰とも付き合えないし 向き合う気ないなら出て言って 周りを傷つけるだけなら人と関わらないほうが良い(中略)テラスハウスいるならコメント制限しないで悪い意見も聞け すぐ泣くけど泣いてないだけでもっとあんたが傷付けてきた人がいることも理解したほうがいいよ」

などと、悪意をむき出しに斬りつけるのでした。

 

関連記事:「自殺まで追い込むぞ!」 鳴り止まない岡村隆史への脅迫電話 常軌を逸した叩かれ方は終わりが来るのか | TABLO

 

5月19日配信回に卒業したビビさんの卒業インタビューでは、花について振り返り、こう語っています。

「すごい頑張ってる。仕事も、人生ん、お友達も。無理しちゃってるところが、ちょいちょい……」

「愛されることが足りないと思う。花ちゃんは。もちろん愛されてるとは思うんですけど、なんか強がっちゃうじゃないですか。花ちゃんは。すべて一人でやってるから、はなちゃんが。そういう頑張りすぎちゃうところがあるから、そこをちょっと誰かと分けたほうが……。愛してくれる男性がいて欲しいなって。はなちゃんに必要じゃないかな? とか思っちゃったりした…」

急死の訃報を受けたいまビビさんのコメントを改めて聞くと、ビビさんが花さんといかに真剣に向き合い、知ろうとしていたかがわかります。

「番組制作側はもちろん責任を感じてしかるべきですが、もっとも罪が重いのは、花さんに直接的に悪意で斬りかかったSNS上の人たちなのは、言わずもがな。楽しんで観ていた番組ファンのひとりとして、テラスハウスがこんな悪意の温床となり、最悪の結果を招いてしまったことが、悔しくてたまりません」(芸能記者)

花さんのご冥福を、心からお祈りします。(文◎編集部)

 

関連リンク

  • 5/24 5:55
  • TABLO

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます