ドルトムントDFアクラフは来季レアル復帰へ…代理人「今季が終わったらマドリードに戻る」

拡大画像を見る

 ドルトムントに所属するモロッコ代表DFアクラフ・ハキミは来シーズン、スペインでプレーする可能性が高まっているようだ。22日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 2018年の7月より、レアル・マドリードから2年間の期限付き移籍でドルトムントへ加入したアクラフは、今シーズン終了時点で契約期間を満了する。ドイツでレギュラーを掴んだ同選手には、インテルをはじめバイエルンやパリ・サンジェルマン、ユヴェントスなどといったヨーロッパ各国のビッグクラブも関心を寄せているという。しかし、どうやら来シーズンはマドリードでプレーする可能性が高いようだ。

 アクラフの代理人は「インテルからのオファーはない。今シーズンが終わったらマドリードに戻るよ。アクラフは今のポジションで世界最高の選手になるだろう」とコメント。レアル・マドリードの下部組織で育った現在21歳の同選手に、厚い期待を寄せているようだ。

関連リンク

  • 5/24 0:01
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます