獣医見習いの19歳、路上で心肺停止の犬の命を救う(ブラジル)

拡大画像を見る

ブラジルのアラゴアス州ピラーニャスで今月19日、心温まる救出劇があった。この地域に住むルーカス・マーティンさん(Lucas Martin、19)は、自宅近くの路上で犬が倒れていることに気づいた。心臓発作を起こし、すでに息をしていない状態だったという。

ルーカスさんはすぐに犬のもとへと駆け寄り、気道を塞がないように犬の口から嘔吐物を手で取り除いて、さらに水で口をゆすいだ。そして犬を横に寝かせた状態で心肺蘇生を行った。途中で血液の循環を促すため、犬の脚をさすりながら心臓マッサージを続けたそうだ。

すると5分後に犬は呼吸し始め勢いよく立ち上がり、周りで見守っていた人達からは安堵の声があがった。見習い中の獣医だったルーカスさんは、今回の犬の救出劇について次のように語っている。

「あの時、僕はちょうどオンライン授業の休み時間だったんです。家の外が騒がしいのに気づいて外を見てみると、倒れた犬の周りに人だかりができていました。なぜ犬が死にそうになっているのか、誰も分からないようでした。」

「手袋をつけて、すぐ犬のもとへ向かいました。僕の犬にも以前起こった症状に似ていたので、おそらく何か有毒なものを口にしたんだと思います。」

「(犬を救った時)僕は正しい職業を選んだことに気づかされました。犬は本当に悲惨な状態で、実は自分の心肺蘇生もうまくいくか確信がなかったんです。でもあの時は一瞬足りとも諦めるつもりはありませんでした。」

ルーカスさんは犬が息を吹き返した後、犬の体から毒素を排出させるために炭を使い、その後は水と餌を与えてあげた。犬は飼い主がおらず路上で暮らしていたが、ルーカスさんの手厚い救出の甲斐があって今では回復し再び元気な姿を見せているという。

なおこの日、ルーカスさんは犬を救ったことで興奮のあまり残りの授業に集中することができなかったそうだ。この瀕死の状態にあった犬が「毒を盛られたせい」と見ているルーカスさんは、最後にこのように述べている。

「今回の僕の行為が、弱い動物が虐待された時にどうなるか、そして動物達が人間と同様に痛みを感じることを人々に気づいてもらうきっかけになればと願っています。」

この投稿をInstagramで見る

Marcinhobelota(@marcinhobelota)がシェアした投稿 - 2020年 5月月21日午前9時24分PDT

画像は『Metro 2020年5月21日付「Teenager gives stray dog CPR after it had heart attack in the street」(Picture: FocusOnNews)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 5/23 22:46
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • 見習い獣医さんでも犬の命を救えてスゴい。授業をしっかり受けていた証ですかね(´∇`)

  • いち(

    5/24 2:13

    コロナの可能性もあるから気を付けた方がいいよ。

  • トリトン

    5/24 0:57

    大したものですね。

記事の無断転載を禁じます