バイエルンがサンチョに興味…130億円を用意もドルトムントは拒否姿勢

拡大画像を見る

 バイエルンがドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョの獲得に関心を示しているようだ。22日にイギリス紙『メトロ』が報じた。

 サンチョは今夏の移籍市場で複数の強豪クラブから注目を集めており、中でもマンチェスター・Uへの移籍が濃厚であると伝えられている。その他にもパリ・サンジェルマンなどが同選手の動向を注視していることから、争奪戦が繰り広げられることが予想される。

 同紙によると、ドルトムントの国内ライバルであるバイエルンもサンチョの獲得競争に参戦する模様だ。同クラブは移籍金1億ポンド(約130億円)を用意しており、早くも獲得に本腰を入れると伝えられている。

 しかし、ドルトムントは直接のライバルクラブへの売却に拒否姿勢を見せているようだ。その一方でバイエルン移籍を阻止するためにもマンチェスター・Uや国外クラブへの移籍には前向きな姿勢で応じる可能性があるという。果たしてサンチョの新天地はどのクラブになるのであろうか。

関連リンク

  • 5/23 12:54
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます