唐田えりか『凪のお暇』だけじゃないヤバすぎ“魔性の女”作品

拡大画像を見る

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの4月スタート予定のドラマが放送延期されている。そのため、各局は苦肉の策として過去の人気ドラマを再放送しているが、『JIN‐仁‐』(TBS系)や『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)など、あらためてその面白さが再評価されることも多い。

 そんな中、2019年7月期に放送された黒木華(30)主演のドラマ『凪のお暇』(TBS系)が、“凪のお暇 #お家でイッキ見SP”として、5月16日に第1弾(1~3話)、17日に第2弾(4~7話)と2日続けて、未公開シーン入りで再放送された。

 放送中からツイッター上では、“凪のお暇”がトレンド入りする盛り上がりを見せていた。しかし、その一方で、視聴者をザワつかせたのが、唐田えりか(22)の登場シーン。唐田の役は、高橋一生(39)が演じる主人公の元カレに好意を寄せる後輩で、かわいくて八方美人で仕事ができ、男にモテるが女に嫌われるタイプの女性。

 唐田の登場に、「やっぱりかわいい」などと喜ぶ声もあったが、唐田が俳優の東出昌大(32)との不倫で騒動となっていたため、「不倫が浮かんで役柄とはいえ素顔を見ているようで嫌悪感」「役がリアルでやってることとマッチしてて不愉快極まりない」などと、批判的な声が多かった。

『凪のお暇』で、透明感のある美女が裏に持つ、魔性の女の本性を見せた唐田だったが、その片鱗を見せたのは18年に放送された、山崎賢人(25)主演のドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系)ではないだろうか。このドラマは、愛よりも目に見える金と権力を求める、“クズ”な元ナンバーワンホスト・堂島旺太郎(山崎賢人)が、佐藤宰子(門脇麦/27)にキスされることによって、何度も“死”と“過去”を繰り返すタイムリープものだ。

 唐田が演じたのは、お嬢様ながらも裏でクラブ嬢として働いている、美女の青田真凛。第2話では、その裏の顔が旺太郎にバレてしまい、秘密にしてもらうために土下座する。このときの衣装が露出度の高いドレスで、唐田の胸の谷間に目が釘づけになったと、当時、話題になった。

■視聴者の度肝を抜いた魔性ぶり

 また、唐田が魔性の女っぷりを発揮したのが第8話。並樹尊氏(新田真剣佑/23)に罪をなすりつけられ、刑務所に入っていた布袋道成(宮沢氷魚/26)を、出所後、真凛は自分の部屋に優しく招き入れ、男女の関係になっていく。そのうえで、尊氏をゆすって大金を手に入れるのだった。布袋は2人で人生をやり直そうと、密かに真凛のために買っていた指輪を渡そうとしたとき、真凛は布袋をナイフで刺し、「このお金で借金を返して、人生やり直そうと思うの。私、ひとり」と、冷たい表情で告げた。

 自分を愛してくれる男を犠牲にして、自分だけの幸せを求める唐田の魔性の姿に、当時、視聴者は主人公のメインのエピソードが吹き飛ぶような衝撃を受けていた。このドラマは動画配信サービス「Hulu」で見られるので、『凪のお暇』とともに、唐田の演じた“魔性の女の遍歴”を確認してはいかがだろう。

『凪のお暇』“凪のお暇 #お家でイッキ見SP”の、第3弾は5月23日午後2時から放送される。もちろんこちらでも唐田の魔性ぶりを堪能できるので、ぜひ。(ドラマライター・ヤマカワ)

関連リンク

  • 5/23 10:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • …魔性でもないでしょ、と他の女優は言いそう。

記事の無断転載を禁じます