パリ、レンタル中のイカルディ買取へ…インテルはフリーでカバーニ獲得狙いか

拡大画像を見る

 パリ・サンジェルマンはインテルからローン移籍でチームに加わっているアルゼンチン人FWマウロ・イカルディの買い取りに向けて動き出した。イタリアメディア『スカイスポーツ・イタリア』が報じた。

 パリはインテルに対し、5000万ユーロ(約59億円)と追加の1000万ユーロ(約11億円)を提示したようだ。しかし、イカルディはパリに移籍する前に2022年夏までの契約を結んでいて、ローン移籍時の契約では7000万ユーロ(約82億円)の買取オプションがついていたため、このままでは交渉は難航すると見られている。現在27歳のイカルディは今シーズン、パリで公式戦31試合に出場して20ゴールを挙げ、タレントが豊富なチームの中でもしっかり存在感を発揮していた。

 一方でインテルは、今夏でパリとの契約が切れるウルグアイ代表FWエディソン・カバーニをフリーで獲得することに期待を示している。その背景にはバルセロナへの移籍が噂されるアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの去就も大きく関係しているといい、一つの移籍が複雑に影響し合い大きな移籍を引き起こす可能性もありそうだ。

関連リンク

  • 5/23 7:09
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます