森まさこ法相「進退伺」で批判の声「茶番」「辞めさせてあげてよ」

拡大画像を見る

 森まさこ法務大臣が22日、記者会見で、東京高検の黒川弘務検事長の辞任問題に関して、安倍晋三首相に進退伺を提出して、慰留されたと明らかにした。このニュースを受けてネット上では「進退伺」がトレンド入りし「茶番劇。パフォーマンスですね」「三文芝居」などと厳しい声が相次いだ。

 森氏は進退伺を出した理由について「(黒川氏の)定年延長の閣議請義を提出した立場で責任を痛感している」とした。公式ツイッターでも「進退伺出し、総理に慰留され、続投となりました。」と報告した。

 弁護士の亀石倫子氏は「辞めさせてあげてよ。もう、無理でしょ」と投稿。蓮池透氏は森氏が「つらい道ではありますが…」と発言したことを引き合いに「非常につらいなら、おやめになった方が…」と皮肉った。「進退伺いを提出ではなく、辞職願ではないでしょうか?」といった声や「何、その進退伺いの茶番。」「めちゃくちゃ様式美ですよね…」など厳しい指摘が投稿された。

 森氏の公式ツイッターには「がんばれ」「応援してます」「いい意味で開き直ればいいと思います」といった支持や激励の声も寄せられたが、「進退伺いじゃなくて、辞表願を出してください」「えっ、それで禊ぎが終了?」と突っ込みも入っていた。

関連リンク

  • 5/22 19:26
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます