配達員にマスクを渡した女性 後日、ポストの中に入っていたのは…

拡大画像を見る

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の流行を受けて多くの人が不要不急の外出を控える中、荷物や手紙を届ける配達員は日々懸命に働き続けています。

配達員は人々が生活を送る上で欠かせない存在ですが、一部にはコロナウイルスへの不安からか、心ない態度を取る人もいるようです。

配達員にマスクを渡したら

えりざべす(@Kafuntsurai_18)さんは、車で移動中に聞いていたラジオで、配達員が時に客からひどい言動を受けているという話を知り、悲しくなったといいます。

帰宅後、ちょうど荷物が届いたため、えりざべすさんは少しでも役に立ちたいという想いから、余っているマスクを郵便局の配達員に渡しました。

それから数日が経ったある日、ポストを空けると中に入っていたものに驚いたといいます。Twitterに投稿されたこちらの写真をご覧ください。

先日は貴重なマスクをいただき、とても感謝しています。

まだまだ手に入らないので大切に使わせていただいています。

おすそ分けです。召し上がってください。

中には菓子と紅茶、そしてマスクのお礼をつづった丁寧な手紙が入っていました。

一時期に比べて市場に流通してきたとはいえ、まだ場所によっては手に入りにくいマスク。郵便局の配達員は、えりざべすさんの気持ちを嬉しく感じたのでしょう。

思いやりの精神を感じる親切なやりとりに、心が温かくなりますね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @Kafuntsurai_18

関連リンク

  • 5/22 11:19
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます