主人公の運命がハードすぎるドラクエ&FFシリーズランキング

拡大画像を見る

30年以上の長い歴史を誇る人気RPGシリーズ『ドラゴンクエスト』と『ファイナルファンタジー』。歴代の作品では、主人公がそれぞれの運命を背負い、過酷な戦いに身を投じていましたね。
そこで今回は、シリーズの中でも「主人公(プレイヤー)の背負った運命がハードすぎる!」と感じた作品について調べてみました。

1位 ドラゴンクエストV 天空の花嫁
2位 ファイナルファンタジーX
3位 ファイナルファンタジーVII

1位は『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』!


1位に輝いたのは、1992年にスーパーファミコンで発売された『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』でした。
本作で主人公を務めるのは名も無き少年。父親と旅を続ける幼少期から物語は始まりますが、その後は青年へと成長し、最後には自分の子どもたちと親子三代をかけて魔王を倒すことになります。
忘れてはならない重要イベントとして、子どもたちの母親となる女性キャラクターとの結婚が待ち受けていますが、いずれ劣らぬ魅力を持った結婚相手候補から誰を選ぶのかも、主人公にとっては“過酷”な選択ですよね。

2位は『ファイナルファンタジーX』!


2位には、2001年にPlayStation 2(プレイステーション 2)で発売された『ファイナルファンタジーX』が続きました。
ナンバリング作品としてはシリーズで初となる続編『ファイナルファンタジーX-2』も発売された本作。主人公の青年ティーダは、災厄を振りまく魔物シンを倒すべく、召喚士の少女ユウナと共に過酷な戦いに身を投じることとなります。
物語が進むにつれてシンの、そして自らの正体が明らかになり、ティーダはつらい選択を迫られることになりますが、そのせつなすぎる結末には驚いた人も多かったのではないでしょうか。

3位は『ファイナルファンタジーVII』!


3位に食い込んだのは、1997年にPlayStation(プレイステーション)で発売された『ファイナルファンタジーVII』でした。
本作で主人公を務めるのは、人体実験によって偽りの人格が形成された青年クラウド。反体制組織アバランチに傭兵として雇われた彼が、かつて故郷を奪った憎き存在・セフィロスの生存を知ることで、過酷な運命の歯車が回り始めます。
物語が進むにつれ、仲間の死や偽りの自分との決別など、クラウド自身にとって厳しい出来事が次々と起こりますが、一人で背負うにはあまりに重い運命に、思わず「クラウドがんばれ!」と声援を送りたくなってしまいますね。

ファンタジーの世界とはいえ、主人公たちがたどる過酷な運命に思わずため息をついてしまいそうになる今回のランキング。気になる4位~27位のランキング結果もぜひご覧ください。

皆さんが「主人公の運命がハードすぎる!」と思ったドラクエ&FFシリーズは、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,061票
調査期間:2020年3月17日~2020年3月31日

関連リンク

  • 5/7 7:30
  • gooランキング

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • エッコ

    5/22 19:33

    奴隷にされて十数年(?)過ごすのが衝撃的だった「DQV」。主人公は子供から育てるのでプレイヤーの自分も子供なクセに、自分の子供の様な気持ちで育てたなぁ。主人公の子供は孫な気持ちで見てたかも。

  • トリトン

    5/7 21:47

    Ⅴは主人公の前で父親が殺されてるし結構悲惨かな、でもⅣはデスピサロのストーリー要らないよな敵に心が動いてしまう、敵は悪の権化がよいかも。

  • 脱走兵

    5/7 21:29

    いや、嫁選びが過酷とかじゃなくて、少年期を奴隷として過ごしたり、子ども産まれてすぐ10年以上石化させられたり、とかもっとあるだろ。

記事の無断転載を禁じます