『サザエさん』の感染拡大対策に称賛の声 「最善の対応」「素晴らしい」と反響

拡大画像を見る

2020年1月に発生して以来、世界中を騒がせている新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)。

集団感染は3つの条件『三密(密閉、密集、密接)』によって起こるため、外出を控えるよう政府は呼びかけています。

しかし、仕事の都合でどうしても『三密』の状況を避けることができない人もいるでしょう。

コロナウイルスの影響で『サザエさん』が無期限収録中止

同年4月4日、ラジオ『中央競馬実況中継』(日経ラジオ)に、声優の加藤みどりさんがゲスト出演。

いつもはスタジオで収録をしている加藤さんですが、この日はコロナウイルス感染拡大を受け電話越しにトークを繰り広げました。

長寿アニメ『サザエさん』で、主人公のフグ田サザエ役を演じる加藤さん。番組では『サザエさん』の現状についてこのように明かしました。

私は大丈夫なんですけどね、やっぱり責任がありますからね。

実は『サザエさん』もね、無期限の録音中止になっちゃったんです。

中央競馬実況中継 ーより引用

収録をする際、密閉された録音ブースに声優が集まってセリフを録音しています。

ブースでは飛沫(ひまつ)感染が起こる可能性もあるため、『サザエさん』は無期限の録音中止になったのだそうです。

加藤さんは録音ブースの環境について、このように思いを述べました。

やっぱり人が集まってくっついて話すということなんで、そう意味ではね、すごいあれですね、不安ですね。

中央競馬実況中継 ーより引用

2020年4月現在、主演の加藤さんは80歳。タラちゃん役の貴家堂子さんも79歳と高齢であり、ほかのキャストは60歳前後です。

長寿アニメである『サザエさん』はレギュラー声優の平均年齢が高いため、スタッフは声優の健康を第一に配慮したのでしょう。

声優の仕事環境については、『北斗の拳』のケンシロウや『シティーハンター』の冴羽獠を演じる神谷明さんがTwitterで問題提起をしていました。

『サザエさん』以外でも、感染拡大の対策をとっている現場があるようです。

【ネットの声】

・今の状況を考えると最善の決断。声優さんたちの命を守ることが大切です。

・さびしいですが、やむなしですよね。これを機に、過去の名作を再放送してほしい!

・ベテラン声優さんが亡くなったら悲しいので、中止のほうが安心できます!

神谷さんによると、アニメ『アンパンマン』も無期限で収録中止になったのだとか。

今後、アニメに限らずいろいろなテレビ番組の放送スケジュールに影響が出るかもしれません。ですが、番組よりも大切なのは人の命でしょう。

[文・構成/grape編集部]

出典 中央競馬実況中継@kamiyaakira29

関連リンク

  • 4/6 18:01
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます