森三中・黒沢に「感染を放置していた」の声 鈴木おさむの反論に、ハッとする

拡大画像を見る

2020年4月4日、お笑いトリオ『森三中』の黒沢かずこさんが、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)に感染したことが分かりました。

4日現在、肺炎の症状はおさまったものの、味覚や嗅覚の異常が続いているため、黒沢さんは自宅療養をしています。

森三中・黒沢かずこがコロナ感染 ネットで「心配」「ゆっくり休んで」の声

所属事務所の発表によると、黒沢さんは同年3月21日に発熱と味覚などの異常を訴え、都内の保健所へ連絡。複数の医療機関を受診した結果、4月3日夜にコロナウイルスの感染が発覚したのだそうです。

黒沢さんの行動に対し、一部のメディアでは「2週間放置していた」といった事実とは異なる報道も…。

これに対し、放送作家であり、『森三中』のメンバー・大島美幸さんの夫でもある鈴木おさむさんが、Instagramで反論しました。

鈴木おさむ「検査してもらえないのが一番怖い」

鈴木さんは、黒沢さんについて「コロナウイルスの疑いを考慮して、26日から仕事を休んでいた」と説明。

続けて、黒沢さんがコロナウイルスかどうかの検査をしてもらえず、ずっと苦しんでいたことを明かしました。

ネットニュースで二週間放置なんて書いてるものもありましたが、大嘘です。

黒沢は、そこから病院に診察に行っても、コロナ検査をしてもらえず。
黒沢、自分で保健所に電話しても、その症状だけだと検査してもらえなくて。

でも、黒沢は不安で、今週水曜日、いくつめかの病院で、頼み込んで頼み込んで頼み込んで、ようやく検査してもらえました。

やっとです。

発熱して、体温が高ければ検査してもらえたのかもですが、、、、 これが一番怖いです。検査してもらえない。

osamuchan_suzuki ーより引用

続けて、鈴木さんは「病院が手いっぱいなのも分かります。だから、一人ひとりが気を付けて生活するしかないのです」と訴えました。

鈴木さんいわく、3月25日に撮影のため黒沢さんと会っていた妻の大島さんは、濃厚接触者として自宅待機しているとのこと。

大島さんはマスクをつけた状態で、夫である鈴木さんや息子さんと距離を取りながら生活しており、現段階で症状は出ていないといいます。

鈴木さんは、自宅で仏壇代わりに飾ってある父と祖母の写真に手を合わせる大島さんの姿とともに、療養中の黒沢さんに向けて、エールを送りました。

黒沢、早く回復しますように。

そして妻、僕、息子、感染しないことを願って。

osamuchan_suzuki ーより引用

鈴木さんの投稿を読んだ人からは、さまざまな意見が寄せられています。

・黒沢さんは、きっと周囲への影響を気にして、心を痛めていると思います。

・病院も対応に追われて、検査できない状況なのでしょう。みなさんの無事を祈っています。

・本当に怖いです…。自分も気を付けなくてはならないと、改めて気を引き締めました。

・鈴木さんのように影響力のある人が発信してくれるのは本当にありがたいです。

黒沢さんのように、感染の可能性を考え検査しようとしても病院によっては受け付けてもらえないこともあります。

コロナウイルスのまん延は勢いを増す一方です。感染していても、無症状のまま身近な人に移してしまう可能性もあるでしょう。

一人ひとりが「感染しない・感染を広めない」を心にとどめ、不急不要の外出を避けるなど、行動に移すことが大切です。

[文・構成/grape編集部]

出典 osamuchan_suzuki

関連リンク

  • 4/4 16:42
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • いち(

    4/5 2:14

    検査して、陰性だったとしても100%じゃないし、陽性だったとしても治療法が確立しているわけじゃないので、そこまで自覚あるなら家で大人しくしていりゃいいんじゃない?検査して検査してて何軒も病院行く方が危険だわ。

記事の無断転載を禁じます