河野景子に「7人の恋人候補」報道!55歳にしてテンションMAXなワケ

拡大画像を見る

 元横綱・貴乃花光司と2018年10月に離婚したフリーアナウンサーの河野景子に“モテ期”が到来していると、3月31日発売の「週刊女性」が伝えている。

「河野といえば、昨年3月に貴乃花との結婚生活を綴った告白本『こころの真実 23年間のすべて』を出版して物議を醸し大炎上。しかし仕事の方は順調のようで、年間60本ほどの講演会が離婚後に急増。しかも講演料は1本60万から100万円と言われていますから、年間3000万円以上の稼ぎになると同誌は報じています。ただし、今はさすがにコロナ問題でキャンセルが続いているようです」(女性誌記者)

 去年の7月には写真誌「FRIDAY」に、イタリア料理店の有名オーナーシェフとの高級中華店デートの様子を撮られるなど、55歳にして羨ましいほどのモテモテぶり。去年の7月頃、元夫の5億円豪邸を出た後は、元の家からほど近い閑静な住宅街にある高級マンションに引っ越していたことも明らかになっている。

「週刊女性によれば、現在河野は7人もの男性とデートを楽しんでいるとのこと。件の高級イタリアンのオーナーシェフはその中には入っていないようですが、7人全員から交際を申し込まれているそうで、本人のテンションもMAXのようです」(スポーツ紙記者)

 河野といえば、大学時代に“ミス・ソフィア”に選ばれ、「週刊朝日」やファッション誌「CanCam」の表紙を飾り、フジテレビに入社。その後、八木亜希子、有賀さつきと共に“花の三人娘”ともてはやされ女子アナブームを牽引。報道番組「FNNモーニングコール」ではキャスターを務め、1991年から1年間、特派員としてパリ支局に駐在するなど、華やかすぎるキャリアを誇っている。ところが帰国後フリーになった途端に、8歳下の貴乃花と結婚。世間を大いに驚かせた。

「1994年にフリーになった当時は活躍が期待されていただけに、まさか横綱の妻、相撲部屋のおかみさんに収まるとは思いもよりませんでした。あれから23年。衰えを知らない美貌を武器に、第二の青春を謳歌したくなる気持ちもわからなくはありませんね」(放送作家)

 果たして、そんな河野が選ぶお相手は誰なのか。続報が楽しみだ。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 4/4 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 全く興味ない。モテるのが羨ましい?軽いだけでしょ?若いならともかく、ある程度年齢行ったら気持ち悪い

  • すまん!この人の恋愛もどうでも良い。誰とでも付き合えばええやん。再婚も好きにすれば良い。元旦那の貴乃花も同様。もう騒ぎは起こさないだろうし事件性も無さそうだしね。

記事の無断転載を禁じます