嵐・二宮和也、King&Prince平野紫耀のポンコツぶりに愕然

拡大画像を見る

 3月28日放送の『ニノさんSP』(日本テレビ系)で、King&Princeの平野紫耀(23)が共演者らを驚かせた。今回、出川哲朗(56)を「知らない人はどんな人?」というテーマで、スタッフが街で出川を知らない人を探し、スタジオに招待。その中の1人に、55年間テレビを見ていないため出川を知らない男性がいた。この男性が、実は40年間ボードゲームを収集している「ボードゲーム界のレジェンド」だった。最近、ボードゲームカフェなどもでき、若者の間でボードゲームブームが起きている。その仕掛け人がこの男性だと紹介された。

 そこで、その男性がお勧めする“ボブジテン”というゲームをスタジオで実際に出演者たちがやってみることになった。このゲームはカードに書いてある単語を「カタカナを使用せずに」説明し、他のプレイヤーに当ててもらうというもの。このルールが説明された後、キョトンとしている平野にMCのフットボールアワー後藤輝基(45)が「平野君、分かった?」と聞くと、平野は真顔で「全然意味が分からない。聞いてたんですけど……」と答え、これを聞いた出川は「ヤバいヤバいヤバい」と驚愕。そんな平野を、ジャニーズの先輩である嵐の二宮和也(36)は、優しく「やってみればいい」と励まし、ゲームがスタートした。

 出川、小池栄子(39)とともにテーブルにつき、まず小池が「赤い、野菜の飲み物」と自分が引いたカードの言葉を説明。するとすぐさま平野が手をあげるが、「え、でも答えられない……」ととまどった表情を見せる。平野はゲーム説明を理解していなかったため、出題内容だけでなく答える際もカタカナを使ってはいけないと勘違いしており、後藤は「それ(答え)はカタカナ言っていい!」と指摘。共演者たちは、平野の天然ぶりに大爆笑。二宮に「(答えにカタカナが使えなかったら)終わんないじゃん!」とツッコまれ、そこでやっと平野はすべてを理解したようで、元気よく「トマトジュース!」と答えを叫んだ。

■平野、謎のヒント連発

 そして今度は、平野が出題者となり、「白い、液体を、固めて、固めて……伸ばした……よ」と出題。当惑する共演者たちに、平野はさらに「えっと、その下には白い液体……あっ違うな。飲食物」と謎のヒントを出し続ける。出川が「アイス?」と答えると、平野は「あっ、デデーン! 何て言えばいいんだ……?」と不正解の効果音を表現したかったようだが、自分で言って自分で悩み始め、後藤から「ブブーやろ!」とツッコまれると、平野は驚いたように「ブブーもカタカナじゃないですか!」と抗議。しかし、二宮から「デデーンもカタカナだよ」とバッサリ切り捨てられていた。

 平野のあまりのポンコツぶりに、視聴者は「答えもカタカナ使えないと思った平野くん、かわいい」「ルールを分かっていなくてもちゃんと守ろうとする姿勢」「全然ゲームが進まなくてワロタ」「ブブーはアウトでデデーンはセーフな平野紫耀さん」「平野くんのかわいさが炸裂するゲーム」「ニノとのかけあい、マジで癒やしだわ」「平野くんずっとキョトンってしててかわいすぎる」「平野紫耀さんが楽しそうで心ポカポカでやんす」と大喜び。ちなみに平野が出題した問題の正解は「バニラアイス」。厳密には正解ではなかったが、平野の説明で「アイス」と答えた出川はさすが!

関連リンク

  • 4/4 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます