相葉雅紀、二宮和也・松本潤に続き『鬼滅の刃』開眼にファンざわつく

拡大画像を見る

 3月28日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、嵐の相葉雅紀(37)が人気漫画『鬼滅の刃』(集英社)にハマっていることを明かす場面があり、ファンの間で話題となった。

 この日の番組は、人気コーナー“相葉雅紀のツーリング企画”を放送。宮崎県宮崎市を出発した相葉は宮崎のソウルフードとして知られる“辛麺”の専門店までバイクツーリングを楽しんだ。

 その途中、ロケ前日が休日だったという相葉に、番組スタッフは「昨日は何をされてたんですか?」と休日の過ごし方を質問。それに対し、相葉は「漫画読んでた。(それ以外のことは)何もしてなかったな」と答え、「『鬼滅の刃』ずっと見てたから」と同作品にハマっていることを明かした。

 それを聞いたスタッフが「意外と地味なオフですね」と驚きの声を上げると、相葉は「いやいや、あのね~、休むのも仕事なのよ」と休日を地味に過ごす理由をもっともらしく説明し、スタジオの笑いを誘っていた。その後、相葉は目的のラーメン店「大塚辛麺 本店」に、無事に到着。韓国産の唐辛子がふんだんに投入された辛麺を「辛い!」と悲鳴をあげながら堪能していた。

 今回の放送で相葉が『鬼滅の刃』を読んでいたと明かしたことに、ファンから驚きの声が続出。ネット上には「相葉くんも鬼滅の刃読んでるのびっくり」「相葉ちゃんから鬼滅のワードが出てくるとはね」「親近感わくなぁ」などといった反響が相次いだほか、相葉の影響で同作品に興味を持つファンもいたようで、「相葉ちゃんも読んでるって言ってたし、私もそろそろ鬼滅見ようかな~」という声も数多く上がっていた。

『鬼滅の刃』といえば、嵐の二宮和也(36)や松本潤(36)もファンであることが知られている。それだけに、相葉を交えた3人が同作品について仲良く語り合う場面を想像し、思わずニヤついてしまうファンも少なくなかったようだ。

関連リンク

  • 4/4 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます