SixTONESに厳命!「Snow Manにはなるな!!」2つの禁止令

拡大画像を見る

 3月27日発売の『FRIDAY』(講談社)が、ジャニーズの人気グループ・SnowManのリーダー・岩本照(26)による、未成年の女性とのホテル飲酒問題を報じた。

 記事によると、2017年11月の夜、岩本は元アイドルやサロンモデルの女性らが集まる合コンに参加。その合コンが行われたのは渋谷にある大人のホテルで、参加した5人の女性のうち3人が当時未成年だったにもかかわらず飲酒し、一気飲みなどで盛り上がったという。

 3月30日、同誌の報道を受けてジャニーズ事務所は、岩本の芸能活動を一定期間自粛することを決定。同日の夜、『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)の初回スペシャルに岩本を除くSnow Manの8人が生出演し、パフォーマンス前に横一列に並び、深澤辰哉(27)が代表して岩本の不祥事を謝罪し、8人が頭を下げた。

 Snow Manは1月22日、ジャニーズでは史上初となるSixTONESと2グループ同時デビューを果たし、デビューシングルは史上最速ミリオンを達成。

 3月25日には初の地上波冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)が放送され、さらに4月24日には同番組が、動画配信サービス・Paraviでレギュラー配信されることも発表され、快進撃を続けてきた。

「人気アニメ『ブラッククローバー』(テレビ東京系)の新オープニングテーマにSnowManの新曲『Stories』が採用されるなど、“まさにこれから”というタイミングで岩本のスキャンダルが報じられてしまいました。記事が出るにあたってジャニーズ事務所と『FRIDAY』との間で、かなりの話し合い、調整があったといいますよ。

 ジャニーズ事務所としては何とか記事を止めたかったのですが、周知のとおり記事が出てしまった。故・ジャニー喜多川氏や現社長の藤島ジュリー景子氏は、Snow Manに期待しておらず、デビューさせるつもりはなかったといいます。ただ、デビュー直前からデビュー後の今、彼らの人気はうなぎ上りで、今は事務所としても彼らに期待をかけているし、スキャンダルをなんとか回避したいと思ったのでしょう」(女性誌記者)

■共倒れは避けたい…

 Snow Manと同時にデビューしたSixTONESは、ヤクルトの「ジョア」のCMに出演し、4月4日からは『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送)がスタートするなど、同じくデビュー以降、スター街道を爆走している。

「Snow ManとSixTONESは、同時デビューしたこともあり、ファンの間では“スノスト”と呼ばれ、セットで見られることも少なくありません。そんな中、Snow Manに続きSixTONESのメンバーにもスキャンダルが出れば、2組が共倒れしかねない。

 そのため、ジャニーズ事務所上層部はSixTONESメンバーに、女性関係の新たなスキャンダルを絶対に起こさないことと、夜の繁華街に行くことを絶対NGにする“戒厳令”を出したといいます。世間は新型コロナウイルスで外出自粛ムードですが、SixTONESは“Snow Manみたいにならないよう”にスキャンダルを避けるためのようです」(芸能プロ関係者)

 岩本のホテル飲みが行われたのは3年前の2017年11月だというが。

「Snow Manがデビューし、知名度が上がってきているため、過去の不祥事が記事になったのでしょう。かつて“デビューはない”と事務所から言われてしまったSnow Manのメンバーは、一時期モチベーションを失い、ヤンチャをしていたともささやかれています。なので、今回の岩本のスキャンダル以外にも昔の醜聞がいくつもくすぶっているという話も聞こえてきています。ジャニーズ事務所としては、Snow Manにさらに過去のスキャンダルが出て、人気を落としてしまっても、何とかSixTONESには引き続き活躍してもらいたいという思いでいるかもしれませんね」(前出の芸能プロ関係者)

 嵐の活動休止を前に、新たなスターグループを生み出したい、というジャニーズ事務所の思いは叶うのか。SixTONESの真価が問われる。

関連リンク

  • 4/4 7:06
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます