TKO木下、宮迫の二番煎じ謝罪動画で火に油を注いだ非難轟轟のフリー活動開始

拡大画像を見る

 4月1日、後輩芸人へのパワハラ騒動で3月15日に松竹芸能を退所したTKOの木下隆行がユーチューブチャンネルをスタートさせ、謝罪動画をアップしたのだが、1日で4000件以上の“低評価”が付くなどネット上では批判が殺到している。

 木下は冒頭から「この度はパワハラ騒動の件でご迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございませんでした」と関係者、ファン、後輩に対して頭を下げ謝罪し、「こうなったのはすべて僕が調子乗ってたんやと思います」と説明。これからは心を入れ替えて頑張っていくことを宣言した。

 また、「やはり僕はお笑い芸人で、お笑いが好きで、僕が面白いと思っていることを、形を発信出来るのが、このユーチューブだと思いました」と経緯を語ると、「この騒動で一番迷惑掛けた相方の木本くんと、いつか僕たちが大好きなコントという形で皆さまに笑いを届けられるように頑張ります」とコンビでの活動も視野に入れていることを明らかにしたのだった。

 これにネット上では、《いったい誰に向けての謝罪なの?一番迷惑を掛けたのは相方ではなく、パワハラを受けた後輩芸人たちだと思うんだが》《何でユーチューブで謝罪?本当に悪いと思っているなら、直接当人に謝罪して許しを得れば、会社も辞めなくて済んだんじゃない?》など厳しい意見が相次いでいる。

「木下は松竹芸能を退所後、後輩芸人が代表を務める芸能事務所と業務提携契約することを発表していましたが、批判が殺到したことで白紙撤回された経緯があります。そして3月31日に新会社『UtREE』を立ち上げてユーチュバーとして再起を目指すことになったのですが、自分1人でやっていくしか道がなかったというのが実際のところでは。ユーチューブで謝罪はしたものの、宮迫博之の二番煎じにしか見えず、宮迫に輪をかけたような批判が噴出する事態となりました。やるのであれば、迷惑をかけた後輩芸人に土下座をして回るなど恥をさらす動画でも投稿しなければ、世間や同じ芸人の評価も変わらないままでしょうね」(芸能ライター)

 なかなかに厳しいフリー生活となりそうだ。

関連リンク

  • 4/3 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 笑顔なのに目が笑ってない人種の人。 藤岡弘、とかは怖いけど、コイツはそうでもない。

  • ヤン中佐

    4/3 20:53

    トリトンさん、自分を客観的に見ることができてたら最初から問題を起こさないわけでして^^;こういう男はずっと懲りないんでしょう。

  • トリトン

    4/3 19:46

    もう無駄な事だと理解してないのかな?見苦しい奴だな。だから自分のしたことりかいしてないのだろうかな。

記事の無断転載を禁じます