「ヤクザがコロナに感染するとこんなにヤバい」専門家に根拠を聞くと…

拡大画像を見る

 4月2日発売の「週刊文春」に掲載された1枚の衝撃写真がひそかに話題を集めている。ヤクザウォッチャーが解説する。「病室らしき場所で、全身に刺青の入った男性が人工呼吸器をつけた状態で横たわっている写真です。ヤクザの間で出回っているとのことですが、噂では、新型コロナに感染した現役のヤクザの写真らしいのですが、その真偽は不明です」「週刊文春」に掲載された写真では、顔にボカシが入れられ、個人が特定されないようになっていた。本サイトはこの写真の現物を入手。改めて確認したところ、目は閉じており、意識が混濁しているようにも見える。鼻にはチューブが注入され、手首からも何本もの点滴のチューブが伸びていた。素人目に見ても「重篤状態」と言っていいかもしれない。「一般社会と同じく、ヤクザもまた、新型コロナへの感染対策に努めていました。ある組織の幹部は『絶対にコロナに感染するわけにはいかない』と、手洗いやマスク着用を下の人間に徹底させていましたから。というのも、一般人と比べて死のリスクが高くなると言われているからです。若い頃の不摂生で肝臓に何らかの疾患があったり、糖尿などの持病を抱える者も少なくありませんからね」(前出・ヤクザウォッチャー) 冒頭で触れた「闘病写真」にも写っていたが、ヤクザの代名詞である「刺青」が快復への妨げとなるケースもあるという。極道社会に詳しい作家で、いわば「専門家」でもある影野臣直氏が語る。「刺青を入れると、その部分は皮膚呼吸ができなくなると俗に言われています。刺青を彫るというのはいわば、カーボン(炭素)を皮膚へ染み込ませていくもの。皮膚の毛穴を色のついた炭素がふさいでいるようなイメージでしょうか。ある人間からは『体温調整がままならなくなることもある』と聞いたことがあります。そうした“負荷”の大きさもあって、人工呼吸器を要するほどの状態に陥りやすいと言えるかもしれません。余談ですが、近年の暴排条例の影響で、車はおろかクレジットカードも持てないヤクザも増えていると聞きます。そもそも、通院や入院に必要な保険証を持っていない人間が大半ではないでしょうか」 新型コロナの猛威は今なお万人に広がりつつある。

関連リンク

  • 4/3 16:02
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます