EXIT兼近、ミキ昴生、宮下兼史鷹…第7世代「激ヤバ三銃士」

拡大画像を見る

 群雄割拠の芸能界で新しい風を吹かせている“お笑い第7世代”。

 霜降り明星のせいや(27)が自身のラジオ番組『霜降り明星のだましうち』(ABCラジオ)で、「お笑い芸人のみならず、若い世代で集まって、“第7世代”など名前をつけていけば、ブームになるのでは」という旨の発言をしたのがその始まりだという。

 4月からはバラエティ番組『霜降りミキXIT』(TBS系)、『第7キングダム』(日本テレビ系)の放送がスタートする。さらに特番ながら、3月30日にはバラエティ番組『お笑いG7サミット』(日本テレビ系)も放送された。

「“お笑い第7世代”は、霜降り明星や四千頭身ら注目の若手が揃っている世代。一般への認知度も高まってきていますし、芸能界での存在感が増してきています。この括りにいる芸人たちを見る機会は、今後も増えるでしょう」(バラエティ番組スタッフ)

 第7世代の中でも、「ヤバい!」と特に注目されている3人の芸人がいるという。

 まず1人目はEXITのボケ担当・兼近大樹(28)。テレビで見ない日はないほど、売れに売れているEXITだが、兼近の“天才肌”が業界で注目されているという。

「“兼近は天才!”“ちょっと頭ひとつ抜けている”と、バラエティ界、お笑い界ではもっぱらです。コメントの返しの力、瞬発力があり、番組収録でもほぼ100%ウケを取るんです。3月7日に放送された『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、春日俊彰(41)が兼近がM−1グランプリを見ていないと明かしました。お笑いの勉強もこれからなのにすでに笑いを取る才能がある。ヤバい才能ですよ。

 兼近はインスタグラムのライブ配信をやって、寄せられた“全部のコメントにチャラく返す”という試みをして、数えきれないほどのコメントをすべて返していたら鍛えられたというのです。売れているのに、今も必死でお笑いの努力を重ねているんです」(前同)

 2019年8月31日に放送されたバラエティ番組『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に出演したEXIT。番組後半でネタの披露を行ったが、出演していたオール巨人(68)らの反応は今ひとつだったが、

「兼近は突然服を脱いで、“ブリーチの箱のモデルのやつ!”といきなりモノマネを披露したんです。このモノマネにスタジオが爆笑。ネタへの反応が弱かったオール巨人も“力ある!”と絶賛しました。ネタの反応を見て、とっさにモノマネで勝負に出た判断力は素晴らしいですよね。M-1は昨年の準々決勝進出が最高。兼近は今、過去のM-1を最初から見て、漫才の研究を続けているといいます。今年の12月、EXITが一気に頂点に立っていると可能性はなくはないですよ」(同)

■嫌われすぎてヤバい?

 2人目はミキで主にツッコミを担当する昴生(33)だ。佐藤健(31)主演のドラマ『恋はつづくよどこまでも』に出演し、活躍の幅を広げている。しかし今、彼はお笑い界での評判は今ひとつだという。

 お笑いプロ関係者は、

「売れてから急に態度が変わった、性格が悪くなった、性格の悪さがヤバいと芸人の間で相当言われているようですよ。特に彼らの先輩芸人で、超暴言コンビの鬼越トマホークの金ちゃん(34)と坂井良多(34)は、昴生の変貌ぶりに不満をブチまけていますよ」

 と話し、こう続ける。

「昴生と鬼越トマホークは以前、深夜のバラエティ番組『チェンジ3』(テレビ朝日系)でも共演していた仲でした。しかし、特に何かしたわけではないのに挨拶しても返さなくなった、とか、お前らとはもう格が違うんだよ感を出してくる、大阪芸人の悪い部分を集めたのがアイツ、と激怒しています。一方で、弟の亜生(31)は売れる前からも、売れた後もまったく変わらず良い人なんだそうですよ」(前同)

 3人目の「ヤバいやつ」は、宮下草薙のツッコミを担当する宮下兼史鷹(けんしょう・29)。相方の草薙航基(28)がネガティブキャラで注目を集めたが、「実は宮下の方が遥かにヤバい」とお笑い界ではもっぱらだというのだ。

「宮下は異次元の天然キャラです。草薙はなんだかんだ腕があってトークも上手いのですが、宮下は場の空気を考えずにぶっ飛んだ行動や発言をすることがあります。1月30日放送のトーク番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演したとき、宮下が三四郎の小宮浩信(36)を挑発してマジ喧嘩に。共演の芸人も苦笑する雰囲気になり、最後は草薙が、宮下に本気のボディブローを入れてなんとか収拾がつきました。草薙がそこまでしないと止まらないほど、突っ走ってしまう性格なのかもしれません」(放送作家)

■宮下の暴走に現場は騒然

 宮下の暴走とも言える“ぶっ飛び”行動は別の現場でも目撃されている。

「最近、あるクイズバラエティ番組の収録があったんですが、そこにドラマの番宣を兼ねて豪華俳優陣も出演したんです。俳優陣、芸人、入り混じって早押しクイズを行ったのですが、スタートから宮下が何回も連続でボタンを押すので、収録現場は騒然。しかもそれは、笑いの“天丼”でもなかったそうで、宮下はどうみてもガチンコでやっていたとか。ついには番組の幹部が激怒し、“宮下に答えさせるな”と言い放ったという話ですね」(前出の放送作家)

 まさに予定調和を破壊する、宮下の常識はずれの行動だが、それがいいのでは、と前出のお笑いプロ関係者は分析する。

「草薙のほうが世間的に注目を集めていますが、宮下のポテンシャルはいまだ底知れない。変人というか、彼はこれまでにない笑いを創造できる可能性があります。まだ世に出ていない引き出しを持っていそうだし、今後ブレークする可能性は大いにあります。宮下から目が離せません」

 快進撃を続ける第7世代。ブームはまだまだこれからなのかもしれない。

関連リンク

  • 4/1 7:16
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます