外出禁止のイギリス…武藤嘉紀が近況報告「大変な時こそ笑顔は忘れずに」

拡大画像を見る

 ニューカッスルに所属するFW武藤嘉紀が26日、自宅待機の様子を自身のSNSで明かした。

 イギリスでは26日時点で1万人以上の新型コロナウイルス感染者が出ており、500人以上が亡くなっている。23日にはボリス・ジョンソン首相が外出制限命令を発表。少なくとも3週間の間は、生活必需品の買い物や不可欠な通院や通勤などを除き、不要不急の外出が事実上禁止されている。

 武藤は自身のインスタグラム(@yoshinori_muto_09)で、「初めて娘と2人でカレー作りに挑戦しました!手慣れない僕にはすごく難しく、奥さんへの感謝の気持ちが倍増しました。自宅隔離で3週間家から離れることはできませんが、家族との時間を大切に、大変な時こそ笑顔は忘れずに乗り越えたいと思います」と近況を報告。不自由な生活の中でも努めて明るく過ごしているようだ。

 プレミアリーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響で13日から中断が決まり、19日には4月3日から同30日まで中断期間を延期することが発表された。ニューカッスルはチームから感染者は出ていないものの、13日から練習場を閉鎖。選手たちはそれぞれに組まれた練習プランを個別で行っており、練習再開時に体重や体脂肪が増えた場合は罰金を科されるという。

関連リンク

  • 3/27 6:52
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます