ドイツCL参加4クラブが結束示す…財政難のクラブ支援に計24億円を提供

拡大画像を見る

 ブンデスリーガの4クラブが、「新型コロナウィルスの影響により苦境に立たされているブンデスリーガ1部と2部のクラブを支援する」ために資金を提供することを、ドイツフットボールリーグ(DFL)が26日に明らかにした。ドイツ誌『kicker』日本語版が同日に伝えた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、ブンデスリーガ1部および2部は4月30日まで延期されることが決定的となった。クラブにとって危機的な状況の中、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場したバイエルン、ドルトムント、レヴァークーゼン、ライプツィヒの強豪4クラブは、財政難に陥る他クラブを支援するために合計2000万ユーロ(約24億円)を提供するという。

 DFLのクリスチャン・ザイファート代表取締役は「DFLの役員会は、これらCL参加4クラブに対し、全ブンデスリーガのクラブを代表して非常に大きな感謝の気持ちを示したい」と語っている。

 自身の給料の一部返上を早々に明かしていたドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケ代表は、「このような特殊な危機的状況に喘ぐクラブに対して、我々は結束を示さなくてはならないと常に強調してきた。ドルトムントとしては多種多様な活動に取り組んでおり、当然ながらこの感染病によって財政難にあるクラブの救済の用意もある」とコメントした。

 また、DFLの発表によれば、まだ配分されていない来シーズン分のTV放映権料の取り分1250万ユーロ(約15億円)と、4クラブによる出資分の750万ユーロ(約9億円)を加えた合計2000万ユーロが提供されるという。DFLはその使い道について、今後検討していくことになる。

関連リンク

  • 3/27 0:06
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます