【JRA】ダノンスマッシュ安田隆師「チャンピオンになってほしい」/高松宮記念共同会見

拡大画像を見る

■ダノンスマッシュを管理する安田隆行調教師

――前走のオーシャンSを振り返ってください。
安田 スタートを切ったときに一瞬ドキっとしたんですけれども、その後はうまくレースの流れに乗れて、4コーナーの時点で手ごたえが良さそうなので前が開ければチャンスだなって思いました。直線を向いたときにあと1ハロンのところでも手ごたえがかなりよかったので気持ちが良かったです。

――中2週。中間の状態は?
安田 先週もそうだったのですが、中2週ということで坂路で(追い切りを)やると走り過ぎるんですね。それを抑制する意味でも、先週もCウッドチップコースでやりました。今日も半マイルでサッと、気持ちを抑える意味で控える調教をしました。

――ゲートの対策は?
安田 この中間はゲート練習もして。練習ではホントにいい子でしたね。あとは競馬に行って返し馬に行って、ゲートに入れていただいて。

――臨戦態勢は問題なし?
安田 そうですね。今のところはいいかたちで出走できると思います。

――この馬の成長度合は?
安田 腰が甘かったのですが、香港から帰ってきたあたりからシャキッとしてきた。そのあたりから攻め馬でも全然ブレないし、しっかり走りますね。最近の坂路(での走り)のモニターを見ているとお父さん(ロードカナロア)と似通ったところをすごく感じますね。

――現状、父・ロードカナロアと比べると?
安田 お父さんもね、最初の高松宮記念は3着で2回目に勝ったので。この馬も初戦は4着ですけど、今回頑張ってチャンピオンになってほしいです。

――左回りについては?
安田 僕自身、あまり気にはしていないんですね。たまたまその競馬だっただけで、右回り左回りは関係ないと思っています。

――枠順の希望は?
安田 今週の天気予報を見ると、金土日と雨マークなんですよね。だから、そのへんがどういうふうに馬場状態に影響するのか。枠順はできれば真ん中より内が当たればいいな、とは思っています。

――道悪の影響は?
安田 からっ下手ということはないと思っています。ただ、スピードを身上とするので、出来れば良馬場のいいコンディションでできればいいな、と思っています。

――相手関係は?
安田 たいへん強くなってきていますが、スマッシュ自身が自分の競馬さえしてくれれば結果は出せるんじゃないかな、と思います。

――6回目のGI挑戦、意気込みは?
安田 6回目、状態としては本当に今回のスマッシュの成長過程においてもいい状態で出走できると思います。あとは競馬にいってのいろいろなアクシデントもあるんですけれども、なんとかここはひとつ、チャンピオンになりたいな、と思っています。

(取材・文:花岡貴子)

関連リンク

  • 3/26 12:04
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます