元アイドルの遠藤舞、性的暴行容疑者の毒牙から寸前で逃れていた!

拡大画像を見る

 2014年までアイドルグループ「アイドリング!!!」のリーダーを務め、現在はボイストレーナーとして活躍する遠藤舞が、すんでのところで卑劣な犯罪から逃れていたことを明かした。

 遠藤にアプローチしていたのは3月23日に準強制性交の疑いで逮捕された職業不詳の26歳男性。同容疑者はフリーの音楽プロデューサーを名乗り、SNSでアイドル志望者を募集。応募してきた女子高生に対して昨年10月、「アイドル活動は枕営業をしなくてはいけない」と言い含めて性的行為をはたらいていたという。

「遠藤は2月19日、ツイッターにて『先日、突然オーディションの審査員の依頼が来た』と告白。しかし名前や会社名を名乗らないうえ企画の詳細すらも説明せず、それでいて2~3日後のスケジュールを押さえようとするなど《お察し案件》だと語っていました。彼女はアイドル業界での知名度が高いうえ、ボイストレーナーとしても数多くの現役アイドルを指導しており実績は十分。普通なら犯罪容疑者の安直な誘いなどに乗ることはないのですが、その時期は多忙だったことから『危険センサーが鈍ってたらしい』とのことでした」(アイドル誌ライター)

 同容疑者の逮捕を受けて遠藤は3月23日、「逮捕されて本当良かったです…。あとオーディション審査員の仕事も断って良かった」とツイート。2月に連絡してきた怪しい人物がその容疑者だったことを明かしていた。その経験をもとに遠藤は、アイドル志望者に対して警鐘を鳴らしているという。

「翌24日に遠藤は、逮捕された容疑者と交わしたDMの一部を公開。たしかに自己紹介もないうえ、ギャラも提示しないという怪しさ満点の代物でした。その上で遠藤は『フリーランスの皆さんは少しでも疑わしい点があれば警戒すべきだし、アイドル志望の女の子達もおいしい話にゃ裏があると疑おう』と警告。さらに続けて『枕なんて普通じゃないから仕事のため身体求められるの論外ね』と、自身の経験も踏まえて枕営業を全面否定したのです」(前出・アイドル誌ライター)

 かつてのメンバー仲間だった朝日奈央や菊地亜美からも深く慕われていた遠藤。そんな彼女の言葉が広く伝わることを願ってやまないものだ。

(白根麻子)

関連リンク

  • 3/26 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます