Cocomi、Koki,と同じ静香流“ヤンキープロデュース”に非難轟々!

拡大画像を見る

 元SMAPの木村拓哉(47)と歌手の工藤静香(49)の長女でフルート奏者のCocomi(18)が、3月28日発売の『VOGUE JAPAN』(コンデナスト・ジャパン)5月号の表紙を飾り、芸能界デビューすることが発表された。

 また、Cocomiはディオールのジャパンアンバサダーに就任することにもなるという。

「2018年5月に芸能界デビューを果たした次女のKoki,(17)も、一流ファッション誌の『ELLE Japon』の表紙を飾り、高級ブランド・ブルガリのアンバサダーに就任していますから、今回のCocomiとKoki,のデビューのやり方は“ほぼ一緒”。

 Cocomiは、母の工藤や妹のKoki,と同じ事務所に所属することになるといいますから、Koki,のデビューに際してプロデューサー的立ち回りをしていたという工藤がCocomiのデビューにあたっても、自身のコネクションを活用して動いたのではないでしょうか」(芸能記者)

 3月19日、工藤は自身のインスタグラムを更新し、「一生懸命、でも楽しく子育てをしている中、いつもの様に様々な噂がありました。娘2人とも、とっても思いやりのある、優しい子に成長してくれました」と、CocomiとKoki,について投稿。

 また、父親の木村も中国版ツイッターのWeiboに2人の娘の写真ともに、「go FLY!! my ANGELS!!(羽ばたけ!! 俺の天使たち!!)」と投稿し、エールを送った。

■娘のコンクールでヤンキー発言!?

 Cocomiは3月に桐朋女子高音楽科を卒業し、4月からは桐朋学園大に進学するため、学業を優先し、今回の仕事以外は当分の間、芸能活動を控える予定だという。

「Cocomiは芸能活動だけではなく、世界的なフルート奏者になるという夢も持っているといいます。3月24日、『文春オンライン』は、かつて、フルートのコンクールでCocomiが1位に選ばれなかった際、工藤がまるでヤンキーのような言葉を発したと報じています。まあそのくらい母娘は本気でフルートに取り組んでいたのでしょう。

 ただ、クラシック音楽のコンクール会場ではありえない言葉。工藤は若い頃、ヤンキーだったといいますが、現在もヤンキー気質が抜け切れていないのかもしれないですね」(前出の芸能記者)

 工藤とCocomi、Koki,母娘について、ネットでは「申し訳ないが、育ちの悪さしか感じない」「言葉遣いは直さないんですかね」「コネはあっても良いと思うし、使っても良いと思う。ただそれ以上にそこを使う以上は、親も、子どもも感謝と謙虚さが重要だと思いました」といった厳しい声も上がっている。

「また、Koki,と同じ手法でデビューすることについても“スポンサーや各ブランドは、ファンじゃなくて一般人の意見、感想を重視してもらいたい”、“本当は素敵な子なのかもしれないけど、全然素敵に感じられない。売り出し方、失敗です”といった声も出ています。

 さすがに姉妹2人とも一流雑誌の表紙と高級ブランドのアンバサダーからデビューというのは露骨過ぎ。工藤は娘2人を世界的なインフルエンサーにし、ハイブランドと組んで新ブランドを立ち上げたいという野望もあるようですが、今回のCocomiのデビューに反発を抱いてしまった人もいる。Koki,のときとは別の方法を考えたほうが効果的だったのではないでしょうか」(前同)

 木村と工藤、そして妹のKoki,と合わせて“二十一光”とも揶揄されるCocomiだが、一流モデル、世界的フルート奏者になるという夢は実現できるのだろうか!?

関連リンク

  • 3/25 16:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • ピアニスト中村紘子さんは牛田智大君がアイドル扱いされた時に「本気でピアニストを目指していないなら教えない」とはっきりと言った。神田さんはどう思っているんだろう。

  • もんすけ☆

    3/26 13:22

    なんで子供はみんな横文字?これがカッコいいと思う奴のセンスがわからん

記事の無断転載を禁じます