東京五輪延期!嵐の活動休止も消滅に「大野くんは無理!!」の声

拡大画像を見る

 3月24日、安倍晋三首相(65)は国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(66)と電話で会談し、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、東京オリンピック・パラリンピックを1年程度延期することで合意した。同日にはIOCの臨時の理事会も開かれ、安倍首相とバッハ会長が合意した1年程度延期を承認した。

 遅くとも2021夏までに開催するというが、この影響は今年の12月31日で活動休止予定の嵐にも影響が出そうだ、との声もある。

「嵐は“NHK東京2020オリンピックパラリンピックスペシャルナビゲーター”に就任しています。各報道によると、安倍首相は記者団に“年内は難しいと考えた”と話しています。そうなると、スペシャルナビゲーターの役目は来年も続きますし、活動休止の延期を検討するといった影響は出てくるはずです」(女性誌記者)

 仮に活動が延長されることになった場合、心配なメンバーがいるという。

「延期となればリーダーの大野智(39)が非常に心配ですね。2019年の夏ごろから大野の体調面がギリギリだとささやかれています。特に、モチベーションや精神的な部分でかなり疲弊している、と関係者の間ではもっぱらでした。大野は満身創痍だと思いますが、それでも踏ん張っていたのは年末の期限があったから。それが延期となったら、こらえきれずに倒れてしまうではという声もありますね……」(芸能プロ関係者)

 3月25日、19時30分からはNHKの特番『2020スタジアム』が、緊急生放送される。新聞のラテ欄を見ると「嵐の5人が延期に揺れる五輪代表のいまを直撃」と書かれている。

「延期に揺れているのはアスリートだけでなく、嵐もでしょう。五輪が先延ばしになって、いつ活動を休止できるかわからない辛さとの葛藤がありそうですね。ちょうどそのタイミングで、東京都からのなんらかの発表がされるという話もあります。ロックダウン、首都封鎖かもと言われていますね……」(前出の女性誌記者)

 大野は活動休止まで耐えられるのだろうか。未曾有の事態に、嵐は揺れている。

関連リンク

  • 3/25 14:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます