霜降りせいや「テセウスの船」最終回での黒幕役に収まらない痛烈ブーイング

拡大画像を見る

 3月22日に最終回を迎えたドラマ「テセウスの船」(TBS系)。連続殺人事件の真犯人が小学生の加藤みきお(柴崎楓雅)だったことはすでに判明していたが、その共犯者がお笑いコンビ・霜降り明星のせいや演じる田中正志だったことに厳しい声があがっている。

 12年前の音臼町での村まつりの際、提供されたきのこ汁にあたって死者が出る事件が発生。そのきのこ汁に間違って毒きのこを入れてしまったのが正志(せいや)の母で、正志は母を逮捕した文吾(鈴木亮平)を逆恨みしていたことから、みきおに手を貸していたというストーリーだった。

「ストーリーとしてのつじつまに違和感を覚える視聴者はいなかったようですが、いわば最終回の目玉ともいえる“黒幕”を演じたのが芸人を本職とするせいやだったことに、批判が集まっているようです。ネット上では正志に文吾が刺され、竹内涼真演じる心に自身が黒幕であることを告白するシリアスなシーンに対し『せいやの変顔演技に萎える』『竹内と鈴木の迫真の演技に対してせいやのコント演技。緊張の糸が切れた』『ドラマ最終回まで引っ張った黒幕が芸人でいいの? ここは俳優が演じなきゃダメ』といった痛烈な声が相次いでいます。役者以外に演技をさせて注目を集めることが得意なTBS日曜劇場ですが、ここまでの大役は役者に演じさせるべきではないでしょうか」(テレビ誌ライター)
 
 視聴者が違和感なく見ていられる、ドラマにおける“芸人俳優”の境界線を、せいやが身をもって教えてくれたのではないだろうか。

関連リンク

  • 3/24 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • 所詮、フィクションである事に、役に何をぐちゃぐちゃ言っているのかね、基地ガイバカグレーマー共

  • 別に違和感感じ無かったけどなぁ

  • まる☆

    3/26 12:30

    芸人が役者しても良いし、せいやも頑張っていたと思うけど犯人としてはちょっと弱いというかあっていなかった感は感じた。ええっ?てなった。 キャスティングしたのは制作だし、せいやも別の役なら悪くないと思う

記事の無断転載を禁じます