堀江氏が経済活動自粛に「やりすぎ感」「潰れる会社をタダ同然で買い叩けるチャンス」

拡大画像を見る

 「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏が21日、ツイッターに新規投稿。新型コロナウイルスの感染拡大により、米国や英国でも経済活動の自粛が本格的になってきたという報道を引用して、「やりすぎ感」「ヒステリーになってるな」などと危惧した。

 米東部ニューヨーク州やシカゴを抱える中西部イリノイ州などが20日に住民に不要不急の外出を避けるよう求める措置の導入を発表し、企業には在宅勤務を義務付けた。西部のカリフォルニア州では既に外出禁止令が出ている。堀江氏は「やりすぎ感。もう経済対策とかどうでもいいと思うくらいの集団ヒステリーになってるな…」と指摘した。

 さらに堀江氏は、米政府が全世界で通常のビザ発給業務を一時停止すると発表したことを挙げて、「5年ビザ取れてて良かった…」とつぶやいた。

 また、英国政府は国内の飲食店に20日夜から閉店を要請し、月2500ポンド(約32万円)を上限に賃金の80%を政府が肩代わりすると発表した。これに対し、堀江氏は「家賃は補償してくれないんでどっちにしろ飲食店はかなり厳しいはず」と解説した。

 一方で、世界の超富裕層が株式を爆買いしている現状を報じたニュースを引用。堀江氏は「そして潰れる会社をタダ同然で買い叩けるチャンスでもある」とつづった。

関連リンク

  • 3/21 15:06
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • トリトン

    3/27 13:03

    相変わらず悪党だな。

記事の無断転載を禁じます